俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

眼鏡橋にちりんちりんあいすのパラソル来

作者 つちや郷里  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

お題『日傘』
お題の日傘で真っ先に思いついたのが、我がふるさと長崎のちりんちりんあいすでした。
ちりんちりんあいすとは1960年代頃から長崎でチリンチリンと鐘を鳴らしながらアイスを売っている行商で、現在は鐘は鳴らさないらしいですが今でも長崎県内(特に眼鏡橋周辺)に出没します。
秋田県あたりにもババヘラアイスという同じようなものがあるらしいですね。

「日傘」だと人一人が持って歩くものという印象があるので、大きな日傘をイメージさせる「パラソル」にしました。
最初は「パラソル立つ」にしていましたが、パラソルは立つものなので「来(く)」に変更しました。

かなり字余りの句になりましたが、これはこれで独特なリズムになったのと、長崎のことを詠んでいきたいと思い投句を決意しました。
ちなみに「アイス」は季語ですが、「ちりんちりんあいす」という固有名詞なので季語としては成り立たないという解釈でいいですかね。
ただ、以前プレバトで立川志らくさんが「三ツ矢サイダー」という商品名を季語として使っていたので、やっぱ駄目かな。

お願いします。

最新の添削

「眼鏡橋にちりんちりんあいすのパラソル来」の批評

回答者 負乗

土谷海郷様、初めまして😊
ナガサ~キ、ナガサ~キィ…♪、眼鏡橋~、、🎶ちゃちゃ… という古いご当地ソングを知ってます。😉
 御句、大幅に字余りですし、どこかを削らなければ、と思いました。(リズム的には違和感ないですが)
「あいすの」は、地元の人はアイス売りが来たと分かり切っていますかね…
ならば、
「眼鏡橋ちりんちりんとパラソル来」
とか… (五七五ですよ!)

また宜しくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「眼鏡橋にちりんちりんあいすのパラソル来」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

海郷さん、こんばんは。夏帽子の句へのアドバイスどうもありがとうございました。いまだに「説明的」とそうでないことの違いがよく分っていないので、「突然」のご指摘は、ありがたかったです。
海郷さんは長崎のご出身でしたか。僕も二度ほど行ったことがあります。若いころには さだまさしさんの歌が好きでよく聴いていました。(今でもたまに聴いてます)
御句ですが、長崎を詠みたいとのことなので一般的には「眼鏡橋」はあった方がいいと思いますが、季語の あいす を アイス に替えたらだめでしょうか。
・ちりんちりんアイスの来るや眼鏡橋 ( 固有名詞じゃなくなりますか?)
パラソルを入れ眼鏡橋をはずしてみると
・ちりんちりんあいすのパラソル来たりけり
う~ん、やはり僕には少し難しいですね。またよろしくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「眼鏡橋にちりんちりんあいすのパラソル来」の批評

回答者 長谷機械児

句の評価:
★★★★★

土谷海郷さん、こんにちは。

御句について。

・商売道具の日除のような「パラソル」(「日除」もまた季語ですが)と、「ちりんちりんあいす」と。どちらも季語とするかどうか考えさせられます。句の中でどちらが季感を負っているかとみると…これは「ちりんちりんあいす」の句であるような気がします。
(長崎の人間でないので、この行商を見かける時期、パラソルが使われる時期というのは把握していないですが、看板代わりのパラソルだと、営業期間中ずっと立てていたりして…)

・動詞「立つ」でも良いような…。「ついにあのお馴染みのパラソルが立った、この季節が来た」という感慨とも取れるので。御句にそのまま使うと字余りに過ぎますが…。

・「眼鏡橋」「ちりんちりんあいす」、固有名詞が二つというのも多いのではないかと(「眼鏡橋」には、そういう形状の橋、という意味もありますが、この句では長崎の観光名所のことなので)。どちらか削ってもよいと思います。

一旦「ちりんちりんあいす」は季語ではないこととして、固有名詞を減らす案を。

 ちりんちりんあいすの日傘立ちにけり
 行商のパラソル立てる眼鏡橋

今後ともよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、長谷機械児さんの俳句の感想を書いてください >>

「眼鏡橋にちりんちりんあいすのパラソル来」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。土谷海郷様、いつもお世話になってます。
拙句「先に行け」にコメント有難うございました。はい、よくわかりましたね(笑)。先頭は辛いのですよ。気をつかうから。もちろんしんがりも落伍者がいないか注意を払わなくてはならないけど、少し気が楽(笑)。

さて御句拝読しました。これは面白いですね。かつてのババヘラアイスのときも思いましたが、こういう郷土の句は、それなりの扱いをしませんと。
私は「ちりんちりんあいす」を季語とさせていただきます。

・ちりんちりんあいすの傘や眼鏡橋

中八お許しいただければ、

・ちりんちりんあいすの傘立つ眼鏡橋

眼鏡橋は15年くらい前に仕事で長崎にを訪れたときに、まるで時間がなかったですが眼鏡橋だけは行きました。
長崎県限定句!みたいですが、それもありかも。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「眼鏡橋にちりんちりんあいすのパラソル来」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

俳句としてみるなら「眼鏡橋」「ちりんちりんあいす」「パラソル」と、主役級の単語がみっつあるのが要素過多な気はします。
「ちりんちりんあいす」はアイスクリーム・氷菓なので、基本的には「アイスクリーム」季語として「パラソル」を入れるよりも他の描写を膨らませた方がいいと思いますが・・・
(固有名詞でいえば「スイカバー」「あずきバー」「ガリガリくん」なども季語になり得ます)

・アイス売りの行商座る眼鏡橋
・ちりんちりんあいすのパラソル立つ川辺

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「眼鏡橋にちりんちりんあいすのパラソル来」の批評

回答者 友也

句の評価:
★★★★★

土谷海郷さんの俳句を拝読しました。
発想が良くて、スゴイなと思いました!
ちりんちりんあいすという言葉が
とても面白いなと思いました。
イメージがすぐ浮かんでくるいい句だなと
思いました。
次回作も楽しみです。応援しています!

点数: 0

添削のお礼として、友也さんの俳句の感想を書いてください >>

「眼鏡橋にちりんちりんあいすのパラソル来」の批評

回答者 こあめ

句の評価:
★★★★★

土屋さんこんばんは。いつもアドバイス
ありがとうございます!
名前を漢字にされたんですね。

ちりんちりんあいすはなんとなく知って
いるような気がします。ババヘラも
カラフルな傘を差しているイメージが
あります。
それにしても字余りがすごいですね…!
私、若輩ながら初めて添削に挑戦させて
いただきます。
アイスを主役に立てたいのと場所は
明確にして…。

ちりりんと爽やか眼鏡橋アイス

爽やかの位置で多分切れてます。
なので句またがりというか破調の感じで
アイスを眼鏡橋と一体化させてみました。ちりんちりんという名詞の形は崩れますがパラソルを外して17音に収めました。
どうでしょうか…よろしくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、こあめさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

着ぶくれて胃薬をのむ書斎かな

作者名 長谷機械児 回答数 : 5

投稿日時:

断捨離はもうあきらめた更衣

作者名 鳥越暁 回答数 : 1

投稿日時:

涼風や意固地の頬も撫でてゆき

作者名 ささゆみ 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『眼鏡橋にちりんちりんあいすのパラソル来』 作者: つちや郷里
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ