俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

不倫もうやめます薔薇が痛いから

作者 げばげば  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

長谷さんきた!!!やったぜ!!!複雑のリフレイン熱い!
今回は50句ほど水曜多かったけど、どの句も水曜以上納得、類想を脱したうえに、言葉選びも勉強なる句ばっかりやった。まだ古瀬さんやほろろさんやあいだほさん来てないので、上位は常連ですかなー。

自分の句は戒め多し。
・「後朝」なのに「淋しき」という当然のつながりが激しくゆるすぎた。ここをずらそうとするつもりがなかったのがまず△すぎる。
・そもそも薔薇と情愛は類想だった。
などいろいろ省みる点はあり。いっそ薔薇を投げつけるくらいがよかったか。
紫陽花、かたつむりはがんばったが次の「夏の海」「原爆忌」がまた難しいなあ。

さて、掲句は自選ボツの句。虚でもないし微妙なライン。
みなさんご意見よろしくお願いします。

最新の添削

「不倫もうやめます薔薇が痛いから」の批評

回答者 ちゃあき

こんばんは。ポスト入選おめでとうございます。心太の句へのアドバイスどうもありがとうございました。 説明感・報告感 まだまだ抜け出せておりません。引き続きご指導よろしくお願いします。

御句 : 句材として不倫はちょっとどうかなと僕は思いました。薔薇との因果も「虚」になりきっていない感じなのかな? すみません、あまり共感できる部分がなくて上手く言えませんでした。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「不倫もうやめます薔薇が痛いから」の批評

回答者 長谷機械児

句の評価:
★★★★★

げばげばさん、こんにちは。

「自分の句」より先に、拙句へのコメントとは恐縮です…。
(明日か明後日にはさらに輪をかけたコメントが必要になったり…)

御句について。

・「薔薇が痛い」という理由付けは、虚としても、滑稽に向いたように見えるのは意図通りでしょうか。(イメージの仕方によっては、蔓薔薇の鞭を手にした妻が朝帰りの夫を待ち構えているような画も…)
・薔薇と不倫を取り合わせるなら、むしろ薔薇は不倫の背を押す方向に力を発揮しそうで、「もうやめます」と言いつつ、この句の主人公は、やめないんじゃないかな…。

添削というのでなく、「薔薇」×「不倫」で別に考えてみた句(やめられない方向で…)。

 不倫やめると言つた端から薔薇赤く
 薔薇に気圧されて忽ち失楽園
 薔薇や知らず知らずのうちに逃避行

今後ともよろしくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、長谷機械児さんの俳句の感想を書いてください >>

「不倫もうやめます薔薇が痛いから」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

おお。長谷さん素晴らしい!薔薇を複雑と描写しておいて、その様子までもが複雑って、薔薇の花の近景と広がった様子をダブルで表現できているところがすごいですなぁ(ここでコメントすなw)

自薦ぼつとのことですが、結構好きですよ。まぁでも連想の範疇と言えば範疇かぁ。

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「不倫もうやめます薔薇が痛いから」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。
佳作が多めの回に佳作に入れないと、自分もまだまだだなあって思います。
「かたつむり」「紫陽花」はいまいち類想の沼なので「薔薇」のお遊び句(非掲載)が頼りだったのですが・・・

御句、こういう句が上位に入るときと入らないときと差がある気がします。
「薔薇が痛いから」では季語を立たせきれていないような。
音数調整で「荊」などにも置き換えられますしね。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「不倫もうやめます薔薇が痛いから」の批評

回答者 しゅうこう

句の評価:
★★★★★

げばげば様

いつもコメント有難うございます!

これだけだと「山から下りて」は伝わらないですか~確かに~(笑)
ご提案句、「髪を洗った私が紛れている」と言うニュアンスでしょうか?なるほど

御句、不倫で相当痛い目にあった人が詠んだ句みたい。。。(笑)

点数: 1

添削のお礼として、しゅうこうさんの俳句の感想を書いてください >>

「不倫もうやめます薔薇が痛いから」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。げばげば様、いつもお世話になってます。
拙句「夕焼けの露天商」にコメント有難うございました。いい感じに読んでくださってて嬉しいです。

さて御句拝読しました。これまたストレートな句ですねー。わかりやすい。身につまされる。

最初は、助詞を一文字替えてみたらいかがと提案しようと思いました。即ち、

・不倫もうやめます薔薇は痛いから

「が」を「は」になのですが、理由を論理的に説明できずすみません。

しかし「不倫」と直接言ってしまっていいのですかね、しかも「もうやめます」とはっきりした意思表示を伴って。
そして「薔薇が痛い」という措辞ですけど、痛いのは棘(トゲ)であって薔薇の花は純粋に綺麗なのではないかと。

そこで考えてみた句です。改作になってしまい恐縮ですが、なんとなく想像してもらう句にしたつもりです。

・薔薇はもう買わない棘が痛いから
・薔薇の花触れて忘るる固い棘

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

白銀の釧路湿原二羽の鶴

作者名 黒徹 回答数 : 2

投稿日時:

衣更ほつれゆく思い出の糸

作者名 まやら 回答数 : 0

投稿日時:

灰色のテトラ沈める夏の海

作者名 白井百合子 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『不倫もうやめます薔薇が痛いから』 作者: げばげば
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ