俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

土用凪軸の幽女の髪さらり

作者 卯筒  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

涼しさも色々あると言う句です。

最新の添削

「土用凪軸の幽女の髪さらり」の批評

回答者 ダック

卯筒様 
こんばんは。「マネキン・・」にコメント頂き有り難うございました。
知識(語彙/技術)不足でまだまです。
そのうちよくなるとは思っていますが。。。。。
御句ですが、私は「さらり」に気がとられてあまり怖い感じがしません。どちらかというと美人ではないかと思ってしまいます。 これも読解力不足でしょうが。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、ダックさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「土用凪軸の幽女の髪さらり」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています!

御句拝見しました。
初見、まず土用東風と勘違いして、
「あるほど、東風で掛け軸がなびいて軸の中の幽女の髪がさらり、ってことかな」と思ったんですが、早とちり。土用凪やんってなった瞬間、こっちの方がいい!ってなりました。
幽女の感じは無風の方がいいですよね、そして、物理的に軸がなびいたんじゃなくて、軸の中の幽女の髪がさらり、としてるんですね。ぞーっとしますね。これが別感覚の涼しさ。卯筒さんの狙い通り、こちらに伝わってきたように思います!
いいですえ、「軸の絵」できましたか!勉強になります!

しかし、幽女の髪の毛って、なんかきれいですよね、、、。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「土用凪軸の幽女の髪さらり」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。卯筒様、いつもお世話になってます。

御句、上五に「土用凪」と持ってきて、風が止んで蒸し暑い状況を演出する。そこで視線を床の間へ。そこには何故か幽霊画の掛け軸が。白い着物を着てうつむき加減の女性の姿。なぜこんなところにこんな絵が?と思ったその時、絵の中の女性の長い髪の毛が風に揺れてさら〜りさら〜りと…。
意外なことに視線を動かせずにいると、それまでうつむいていた女性が、おもむろに顔を上げてこちらを見た!ギャ〜

うーむ、確かに涼しいですな。

風があろうとなかろうと、絵の中の女性の髪が揺れるといのは怖いですね。しかも幽霊…。

しかし、そんな絵が飾ってあるのはどこ?私は料亭のようなところを想像してコメント書きましたが、それはないですよね。結局美術館でしょうか?

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ひさびさに昼のまぐはひ秋暑かな

作者名 一本勝負の悠 回答数 : 0

投稿日時:

夕花野プロペラヘリの微振動

作者名 げばげば 回答数 : 10

投稿日時:

燕来る切り取り線のある街に

作者名 耳目 回答数 : 5

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『土用凪軸の幽女の髪さらり』 作者: 卯筒
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ