俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

弁当とシート携へ蝶の野へ

作者 イサク  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

いつもの即吟。お願いします。

最新の添削

「弁当とシート携へ蝶の野へ」の批評

回答者 佐渡

イサク様 おはようございます。 いつもご指導ありがとうございます。
やはり語順は「交わす挨拶」ですか。本に動詞の形容詞的用法ですね。
上五は「知らぬ人と」六音になりますけれど、リズムを尊重してということかな?

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「弁当とシート携へ蝶の野へ」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

イサクさん、こんにちは😊
お世話になります。

私も蝶野さんを思いました。人物の顔が思い浮かぶと、句にダメージがあるような…ないような…
「シート」が詩的でないと思います。あの青を思うと、げんなりします(笑) ''茣蓙''にしましょう!(笑)
「弁当と茣蓙を携へ蝶の野へ」

私の趣味を押し付けてすいません😅
また宜しく御願いします。

点数: 3

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「弁当とシート携へ蝶の野へ」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも的確なコメントありがとうございます。

御句。語順で、最後に蝶の野が広がる感じ😆携えるがベスト動詞かは悩みましたが、へ、へ。というリズムも心地よいですね。このままいただきます。蝶の野という措辞を調べてたら、蝶野さんばかり出てきた😆余談ですが。

点数: 2

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「弁当とシート携へ蝶の野へ」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

添削ありがとうございました
亀が鳴く事を認めて頂いて光栄です。(笑)
佐藤郁良先生の文語文法入門で勉強し始め
ましたが、ちんぷんかんぷんでした。
またよろしくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「弁当とシート携へ蝶の野へ」の批評

回答者 しゅうこう

句の評価:
★★★★★

イサク様

いつも有難うございます!
げばげば様にも季語の違和感を指摘して頂きました。
残雪だと暗すぎるかな?と感じ、春光に険しい登山の中の希望の光の様なイメージを持ったので選びましたが、思ったよりも軽いイメージなのですね(^^;
勉強になりました!

御句、弁当からいかにも男っぽい男性像が浮かびましたが、その人が蝶の野へ行く事にワクワクしている感じがとても可愛らしいな(良い意味で)と思いほっこりさせて頂きました(^^*)

点数: 1

添削のお礼として、しゅうこうさんの俳句の感想を書いてください >>

「弁当とシート携へ蝶の野へ」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

いつもコメントありがとうございます。ぼろき、違和感あり。確かに違和感ある。

即吟すごいですね変わらず。なかなかパッとでてこない。筋力不足です。
御句、リズムが軽快ですね。(句の内容に見合う)

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「弁当とシート携へ蝶の野へ」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

 今晩は、町の風~の句へのハッとする鋭いご指摘どうもありがとうございます。言われないとなかなか気付きませんね。添削句も素晴らしい!切字「かな」が響いてます。とても気に入りました。
 御句。「弁当とシート」だとやっぱりお花見をイメージしてしまうと思うのですが、あえてそうしてるってこと? 下五で一躍「蝶の野へ」という狙いなのでしょうか。そうでないなら中七をちょっと変えて・・・
・弁当とカメラ携へ蝶の野へ
またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「弁当とシート携へ蝶の野へ」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。イサク様、いつもお世話になってます。
即吟とのこと、毎回お題で一番乗りを狙っていらっしゃるのですね?すごい。
私は、次のお題になる頃にようやくそのお題に馴染んでくる有様です。

さて御句拝読しました。他の方からも少し出ていますが、蝶野の顔がまず浮かんできて払拭苦労しました(笑)。
それはさておき、私はちゃあきさんのご提案の「弁当とカメラ」に一票です。なぜかというと、シートを持っていくということは、どこかに座り込むことを意味します。それはお花見のように対象が動かない場合にはいいです。
しかし蝶野に出かけるということは、座り込んでいる場合ではないと思ったからです。カメラを持って、きれいな蝶を撮りましょう!

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「弁当とシート携へ蝶の野へ」の批評

回答者 鳥越暁

句の評価:
★★★★★

おはようございます
音読すると最後が引っかかりました。「ちょうののへ」がリズムを崩しているのかなと。
「野へ」を変えたくなります。「蝶の里」とかでは大仰かなあ。

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

「弁当とシート携へ蝶の野へ」の批評

回答者 中村あつこ

句の評価:
★★★★★

 こんにちは。
いつもありがとうございます。

 拙句「花吹雪」の御提案句ありがとうございます。こんなふうな感じなんですけど、字数が合わなくて。まだまだです。

点数: 1

添削のお礼として、中村あつこさんの俳句の感想を書いてください >>

「弁当とシート携へ蝶の野へ」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

イサク様 こんにちは!ご指導ありがとうございます。
「新幹線」「立看板」で教えていただいていました。
俳句は声を出して読むから「ん」は消えるということですね。

ありがとうございました。

点数: 0

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

俳句とは教えてくれよ雨蛙

作者名 豆柴 回答数 : 2

投稿日時:

残月やラジオの中の死者のこゑ

作者名 加良太知 回答数 : 2

投稿日時:

アルバムを捲る手を止め卵酒

作者名 ちゃあき 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『弁当とシート携へ蝶の野へ』 作者: イサク
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ