俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

春風に空をふはふはレジ袋

作者 ちゃあき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

仕事中、地面に何かの影がゆっくり流れてゆくので見上げてみたらレジ袋がふわふわ飛んでいました。御意見よろしくお願いします。

最新の添削

「春風に空をふはふはレジ袋」の批評

回答者 負乗

ちゃあきさん、こんばんは🙂
お世話になります。

シンプルながら、景がすぐ浮かんで好きですね。
「ふわふわ」とは、類想的なオノマトペながら、他に思い付かないですよね…😉
上五を「や」で切ったら、型にしっかり嵌まって良さそうにも思えますが、ちょっと違うかな…もいう気もします。
まあ、このままで。

また宜しくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「春風に空をふはふはレジ袋」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

着眼点は悪くないと思います。
これも語順かなあ・・・

・レジ袋ふはふは空を春風に
・レジ袋ふはふは空を春の風

下五は「春の風」と言い切った方が安定はします。

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「春風に空をふはふはレジ袋」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。ちゃあき様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。この光景、わかります!たまに見かけますよ。気球とか、凧とかはこういう原理か?などと考えたりします。

ということで、よくわかるのですが、わかるだけに、なんだか物足りないような気がします。
ちゃあきさんは日常のなんでもない場面を切り取って俳句になさるのがお得意で、それは尊敬しています。
しかし前句の腕時計の句もちょっと思ったのですが、日常のなんでもない風景が、そのままなんでもない句になっている気がします。
きつかったらごめんなさい。
何かの工夫で変わると思います。ちゃあきさんならそれがお出来になると思います。
私はわかりませんが、例えば何か、別の季語と合わせるとかは?

・レジ袋空にふわふわ春埃/八重桜/薪能/植樹祭

さもなくば大袈裟に

・春風に気球となりしレジ袋
・春風に天に登りしレジ袋

さもなくば川柳に

・風に舞うレジ袋でも二円浮き

さもなくばオノマトペ

・春風にぷかふわふわりレジ袋
・春風に飛んで回ってレジ袋

さもなくば感情移入

・春風に俺の心はレジ袋
・春風に乗ってみたいなレジ袋

このくらいにします。もう寝ないと…。

点数: 2

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「春風に空をふはふはレジ袋」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。真骨頂ですね。なんでもない光景を俳句のタネにしてしまう。私もそれを追求しているので、やはり好き句になりますね!風は想像できるので、悩みますね。

レジ袋ふはふは春をたゆたひて

ふはふはとたゆたふは重複だけであえての。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「春風に空をふはふはレジ袋」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

再訪です!
地球儀のコメントありがとうございます。
卓鐘さんもおっしゃってましたが、今まで何の気なしに感じていたことの新たな発見の「けり」の挑戦でした。ただ、地球儀をただいつもみたいにくるくるーってやってるだけなんですけど、あ、これ春の速度やん、って気づくというところに詩があるかなあという。地球儀をくるくるくるくるくる春、くらいから始まったのですが。。

さて、レジ袋を種明かしにする形もあると思うのですが、春風に、で詠むなら、どうもレジ袋のための舞台装置のような気がして、語順を替えたくなった、季語を立てるにはどうしようかというイメージの語順変更でした。

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「春風に空をふはふはレジ袋」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

再訪します。
語順は感覚的にやっているところが大きいのですが・・・

◆この元句は「レジ袋」があまりオチになっていないのです。
 「春風」が理由になってしまっていて「空をふわふわレジ袋(が飛んでいる)」という、上五中七が「レジ袋」を説明するための原因結果の語順になっているためです。
 それよりもちゃあき様の感じた実景のとおり「レジ袋がふわふわ飛んでいるのを発見した」⇒「春の風が吹いていることに気づいた」の語順の方がよいかな、と思いませんか?

◆「レジ袋」そのままでは厳しいですが、オチにはなる工夫はあり得ます。たとえば「春風にふはふはレジ袋と吾」とか・・・

プレバトでどんな説明の仕方をしていたかは記憶にないですが、語順も道具のうちですので、とらわれずにいろいろ比較してみると良いかと思います。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「春風に空をふはふはレジ袋」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

ちゃさきさん、こんばんは。いつもお世話になっております。
確かにレジ袋は舞いますよね。実景とは思いますがレジ袋はなにか冷めちゃうな。
なにか他の物を舞わせたいなぁ。
熱いプロ野球ファンの感覚では今シーズンはジェット風船を飛ばしたいと思います。
・声援と風船の舞う春来る 『I ☆YOKOHAHA\(^o^)/』

点数: 0

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

広重の絵やベランダへ春の鳥

作者名 負乗 回答数 : 4

投稿日時:

木戸くぐり夕闇の中猫の恋

作者名 かぬまっこ 回答数 : 7

投稿日時:

細枝に春雨の玉整列す

作者名 森 教安 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『春風に空をふはふはレジ袋』 作者: ちゃあき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ