俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

片方の肩だけ濡れて春の雨

作者 なおじい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんにちは。前句「蕎麦屋の枯葉」には沢山のコメント有難うございました。季語が立っていませんでした。
本句は、懲りずに甘酸っぱい路線ですが、類想類句で選外でしょうか。
ご意見よろしくお願いします。

最新の添削

「片方の肩だけ濡れて春の雨」の批評

回答者 卓鐘

コメントありがとうございます。
あたたかは気温のことですね。両親の気持ちを考えたとき、あたたかい家庭だなぁなんてことはとてもおもえなかったです。
せめてこのあたたかな春に包まれて安らかにいてほしいという願いのつもりでした。

おんくなおじいさんらしくて良いとおもいたすが、ベタといえばベタですね笑

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「片方の肩だけ濡れて春の雨」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

なおじい様がおっしゃる
映像の切り取りの文学が俳句
勉強になります。
相合傘で恋人を気遣う様子と詠みました。
私も経験あります(笑)
いつもありがとうございます

点数: 1

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「片方の肩だけ濡れて春の雨」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも温かいコメントありがとうございます。

御句。甘酸っぱいですね。
濡れると春の雨の近さはありますが、彼女の方が濡れないように、自分は半分しっかり濡れているなおじいさんが見えてきます。
季語を離すならどうしますかねー。
片方の肩だけ濡れて春の宵
ちょっと艶っぽく春宵とかどうですかねー。
片方の肩だけ濡れて春愁ひ
こうなると光景は変わっちゃいましたね(^^♪

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「片方の肩だけ濡れて春の雨」の批評

回答者 青山五郎

句の評価:
★★★★★

なおじい様 いつも適格なお言葉有難う御座います。私の「そっと手に取る子の笑顔」正に地面に落ちる前に掌に受ける光景でした。誠に勉強になります。御句、雨の中相合傘で女性を庇い歩く紳士を感じます。雪が解けて川になって流れて行きますもう直ぐ春ですね!

点数: 1

添削のお礼として、青山五郎さんの俳句の感想を書いてください >>

「片方の肩だけ濡れて春の雨」の批評

回答者 鳥越暁

句の評価:
★★★★★

おはようございます
拙句新社員の句へのコメントありがとうございます。ご提案句、新社員に寄り添われて優しいですね。視線を変えていただきありがたいです。

御句について
情景はすぐに浮かぶ句です。もちろんその情景は小説、ドラマ、歌でも類想はあります。類想句を恐れることはないですよ。それだけ共感してくれる人がいるということですから。

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

「片方の肩だけ濡れて春の雨」の批評

回答者 中村あつこ

句の評価:
★★★★★

 こんにちは。
いつもありがとうございます。
 
 御句に思わず遠い目になりました。あれは確か春の石山寺だったなあと。

 私は残念ながら、子供も孫も男の子ばかりです。 振り袖姿の句など詠んでみたいものです。

 なにわともあれ、せっかく入学したんだから、卒業もちゃんとするんだよと、それだけですよ。

点数: 1

添削のお礼として、中村あつこさんの俳句の感想を書いてください >>

「片方の肩だけ濡れて春の雨」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

再訪です。
下五草木が茂って昼間でも
薄暗いを言いたかったんですが…
上五中七で季重なり
下五意味わからないでは
これは完全にあかんやつです
このままでは道場出禁になりそうです。(笑)
これに懲りずどうか
お付き合い下さいませ

点数: 1

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「片方の肩だけ濡れて春の雨」の批評

回答者 ふり

句の評価:
★★★★★

いつも添削ありがとうございます。

拙句、あらためて式の重さを感じ詠みましたが、伝わりにくい句になってしまいました。
御句、カッコイイですね!そんな、なお様を想像してしまいます(^^)

これからも宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、ふりさんの俳句の感想を書いてください >>

「片方の肩だけ濡れて春の雨」の批評

回答者 しゅうこう

句の評価:
★★★★★

なおじい様

添削有難うございます!
無謀、、確かにそうかもしれません。。お恥ずかしい、、
気泡が入った琉球グラス(ガラス)のイメージで
なおじい様の仰る通りの事を詠みたかったのですが、、
独りよがりの初句となりました…苦笑
めげずに果敢に作句して行こうと思っておりますので
またご指摘頂けますと幸いです。

俳句詠ませて頂き勉強させて頂きます!

点数: 0

添削のお礼として、しゅうこうさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

木枯らしやクラシカルな不協和音

作者名 和光 回答数 : 4

投稿日時:

ゴジラめく送電塔や冬の雷

作者名 ちゃあき 回答数 : 6

投稿日時:

焼き終わるまでの清酒の一二杯

作者名 負乗 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『片方の肩だけ濡れて春の雨』 作者: なおじい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ