俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

珈琲のミルク渦巻く春炬燵

作者 鳥越暁  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

急に冷え込みましたね
そんな時にぴったりだと思う季語【春炬燵】。

最新の添削

「珈琲のミルク渦巻く春炬燵」の批評

回答者 佐渡

鳥越暁様 こんにちは。初めましてご指導ありがとうございます。
まだ始めたばかりみなさんにご指導いただいております。

これかもよろしくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「珈琲のミルク渦巻く春炬燵」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

やや「ホットコーヒー」の季語っぽいですが許容範囲として・・・

「コーヒー」「ミルク」「渦(巻く)」のどれを春炬燵と取り合わせるか、意外と悩む構成ですね。ひとまず「ミルク」主体で・・・の提案句。

・珈琲に渦巻くミルク春炬燵

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「珈琲のミルク渦巻く春炬燵」の批評

回答者 翔子

句の評価:
★★★★★

鳥越暁様
本当に冷え込みましたね、春炬燵に温かい珈琲、幸せを感じますね。それから、添削ありがとうございます。曜変天目を入れてはっきりさせる事が出来ました。とても勉強になります。

点数: 1

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

「珈琲のミルク渦巻く春炬燵」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

拙句シュークリームの句にコメントありがとうございます。励みになります。

御句、この句意なら、私もミルクで取り合わせますかね。
または動詞でなく「渦」で。
珈琲にミルクの渦や春炬燵

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

珈琲にミルクのまだら春炬燵

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

こんにちは。お久しぶりです。

比較検討しがいのある助詞ですね。
「珈琲のミルク渦巻く」こちらは珈琲カップ全体とその周囲が同時に見えます。一方で、
「珈琲にミルク渦巻く」こちらは珈琲を一旦描写しつつ、すぐにミルクへとズームアップしていく感じ。
僕としては「珈琲に」の描写が好きですが、ここは作者が何を描きたいかですね。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

「珈琲のミルク渦巻く春炬燵」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

鳥越暁さん、こんにちは。
拙句「スカート」にコメントおよび提案句有難うございました。躍動感ありますね。

御句拝読しました。いい句だと思います。
私の中では、冬の炬燵は、本当に暖を取るためのものですが、春炬燵は、もちろん冷えるから入るのですが、なんだかボーっと物思いにふけるため?もあるような気がするのです。
御句は、コーヒーを飲む、それもミルクの渦に気が行くようなそういうゆったりした時間の流れが感じられて好感が持てました。

ところがそうなりますと、「渦巻く」というのがちょっと強いかな…と思うようになりまして…。巻かなくてもいいかなと(笑)。
そこでげばさんの提案句、いいのではと思いました。でも一字、変えさせていただきます。

・珈琲のミルクの渦や春炬燵

ここから余談です。珈琲にミルクを入れる時は、入れてからスプーンでかき回すのではなく、あらかじめぐるぐるかき回して、回っている間にミルクを注ぐと、キレイな渦巻きになりますね。
…って、こんなことご存知ですよね、失礼しました。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「珈琲のミルク渦巻く春炬燵」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

鳥越暁様、初めましてこんばんは😊
拙句「丸き目で~」へコメントありがとうございました。
一応、田んぼの蛙の声を聞きながら、という設定のつもりでした。

御句、「コーヒーのミルク」と近景で来たなら、下五は遠景が欲しいかな、と思いました。
「コーヒーのミルクの渦や春の星」
「コーヒーのミルク渦巻き春疾風」
「コーヒーのミルク渦巻く春の宵」
とか… うむ…なかなか。

また宜しくお願いします。
とか…

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

端渓に麝香の香る夜長かな

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

日暮急母追う影や薄くなり

作者名 卯筒 回答数 : 1

投稿日時:

春闇やLINEの返事待つ五分

作者名 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『珈琲のミルク渦巻く春炬燵』 作者: 鳥越暁
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ