俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

息吐きて池の氷に石を投ぐ

作者 イサク  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

いつまで冬の季語なのか。
「氷」この季語、難しい。
うっかり「薄氷」で詠みそうになりました。

最新の添削

「息吐きて池の氷に石を投ぐ」の批評

回答者 ちゃあき

こんばんは。コメントありがとうございました。700名以上の参加者の句を限られた時間で選んで行く夏井先生は、やはりすごいなと思いました。ああ、あの分厚いボツの山の中に自分のが入ってるんだなあという寂寥感が・・・ それにしても入選した方々は、あの短い時間でよく詠めるものだなあと感心しました。
 イサクさんが人見知りだなんてちょっと想像できませんけど、実は僕もそうなんですよ。面と向かうと何をしゃべっていいか分からなくて、ついつい無口になってしまうんです。文章も下手ですし・・・ これからもよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「息吐きて池の氷に石を投ぐ」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。イサク様、いつもお世話になってます。
拙句「炬燵酒」にコメントおよび提案句有難うございました。さすがにトイレは立たないといけませんね(笑)。

さて御句拝読しました。

上五「息吐きて」。なんでわざわざ息を吐くなんていうのだろうと。ここにこの句のポイントがありますね。

池にきれいに張り詰めた氷。しかしその氷も、石を投げれば割れてしまいます。
石を投げたら割れてしまう。そんなことしていいのかな…。と思いながらも、今の私にはこうせずにはいられない。

「♪ 泳ぐ魚の群れに石を投げてみた
逃げる魚たちにはなんの罪があるの
でも今の私にはこうせずにはいられない…」
かぐや姫の往年の名曲「あの人の手紙」が思い浮かびました。

氷の張った池に石を投げれば、割れて元に戻らない。それはわかっている。
一度大きく息を吸って、そして吐いてみた。でも気持ちは変わらない。そして私は石を手に取り、池に向かって投げつけたー。

うーん、深い。このままいただきます。

点数: 3

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「息吐きて池の氷に石を投ぐ」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも的確なコメントありがとうございます!

二ン月の句コメントありがとうございます。励みになります。ここから生まれたかのような二ン月の風でした。

御句。「い」の頭韻ですね。〜して〜に〜する、叙述っぽい形がベストか悩みます。
石、氷で、終わるような形は基本形すぎますかね。

息吐きて池の氷へ投ぐる石
投げ石の弾める池の氷かな
韻は消えてしまいました。2個目は句意がかわってます、、。息吐くの重要さに悩みました。よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「息吐きて池の氷に石を投ぐ」の批評

回答者 かいこ

句の評価:
★★★★★

朝ぼらけの手直し、添削コメントをありがとうございました!
季語、深くておもしろいですね
文字が少ないのに盛りこもうとして詰め込もうとすると…季節はいつ?てなってました💦
精進いたします!

御句を拝読し、わかるー!てつい先日落ちたツバキの花びらを瓶の氷に散らして遊んだことを思い出しました。
いくつになっても同じようなことやってます(^-^)

点数: 1

添削のお礼として、かいこさんの俳句の感想を書いてください >>

「息吐きて池の氷に石を投ぐ」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

こんばんは。なおじいさん以上のコメントを書けるとも思えません。ああ僕も石を投げて氷を割ってみたい気分です。(^^ゞ 山月さんみたいな背伸びをしない等身大の句を詠めるようになりたいなと、今さっき思いました。

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「息吐きて池の氷に石を投ぐ」の批評

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

拙句・・分解していただきありがとうございます。「に」にすると分かりやすいのですが。句意が伝わらない失敗作だということが分かりました。
御句・・他の方も触れているようですが、上五が分からない。「息強く」とか「息殺し」というような措辞なら分かりますが、「息吐きて」という中立語だと私には分かりませんでした。

点数: 1

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

「息吐きて池の氷に石を投ぐ」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

イサクさん、おはようございます😊
拙句へのコメントありがとうございます。
提案して頂いた句も、なかなか良かったです😉

御句、「息吐きて」は''溜め息''ですよね。光景が浮かびます。
げばさんの、
「息吐きて池の氷へ投ぐる石」
でも、そう違いはないですかね…
音便を使ったほうが滑らかで良いかな、と思いました。
「息吐いて池の氷に石を投ぐ」

また宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「息吐きて池の氷に石を投ぐ」の批評

回答者 よした 山月

句の評価:
★★★★★

イサクさん、こんにちは

炬燵亀コメントありがとうございます。
苦しくても人って笑えるんですねと
提案句にありがたく、クスッとさせていただきました。
今の私まんまだ!と

そして御句も今の私の心情に重なるようでした。
勝手に癒しの句としていただきます。

点数: 1

添削のお礼として、よした 山月さんの俳句の感想を書いてください >>

「息吐きて池の氷に石を投ぐ」の批評

回答者 鳥越暁

句の評価:
★★★★★

こんにちは
御句むつかしいですね
やはり上五で伝わりにくいかなと思います。
「息吐きて」の意図するものが、憂鬱さだとすれば実景とは違うかもしれませんが
◆息吐きて池の氷に小石蹴る
とかどうでしょうか。
また、何気なく池の氷に石を投げ入れた景ならば、映像だけを浮かばせる感じにして
◆静かなる池の氷に石を投ぐ
なんていうのは?

勝手な提案句でしたm(_ _)m

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

「息吐きて池の氷に石を投ぐ」の批評

回答者 翔子

句の評価:
★★★★★

イサク様
いつも大変お世話になっております。添削ありがとうございます。現実に生きず、空想して夢見がちな私です。手直し句、良くして頂きありがとうございます。幼い頃から勉強嫌いで俳句など、詠めたものでは無いのですが、こうして添削ご指導して頂けることに、喜びを感じます。今から勉強でも遅くないかな?💦

点数: 0

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

「息吐きて池の氷に石を投ぐ」の批評

回答者 あつこん

句の評価:
★★★★★

 こんにちは。
いつもありがとうございます。
拙句「紀元節」にご丁寧なご指導ありがとうございます。
 何度も似たようなことの繰り返しで、申し訳ありません。

点数: 0

添削のお礼として、あつこんさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

冬紅葉下を流るる水の音

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

梅が香に万葉言葉ほころびぬ

作者名 いなだはまち 回答数 : 5

投稿日時:

彼の地へと旅してみたき芋煮会

作者名 あつこん 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『息吐きて池の氷に石を投ぐ』 作者: イサク
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ