俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

絵葉書のPARISの消印春の塵

作者 げばげば  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

友人からの葉書。葉書もオシャレだけど、消印だけでカッコいい。

みなさんご意見をよろしくお願いします。

最新の添削

「絵葉書のPARISの消印春の塵」の批評

回答者 ちゃあき

こんばんは。拙句パン生地の~へコメントありがとうございました。言われてみれば布団乾燥機のシーンの方がピッタリですね。
御句。エアメールなど受け取ったことが無いので僕には思いつかない句ですね。春の塵という季語もいいと思います。これも凡人には中々取り合わせとして思いつかないのではないでしょうか。少なくとも僕には・・・
このままいただきます。(^o^)

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「絵葉書のPARISの消印春の塵」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。げばげば様、いつもお世話になってます。
拙句「布団干す爺」にコメント有難うございました。やはり「布団干す」は下五のほうがいいですね。皆さん同じご意見でした。ちなみにこの「爺」は私です(笑)。

御句拝読しました。海外のご友人から絵葉書、いいですね。余談で恐縮ですが、私が仕事で海外を飛び回っていた頃、気の合った友人に旅先から絵葉書を出していました。友人も一緒に世界を旅している気分になってくれたらと。
ある時、それを妻に話したら、「やめなさいよ。自慢と取られるよ」と諌められました。
私は、げばさんのように喜んでくれると思って、仕事の合間にせっせと書いていたのでガックリ来ました。それ以来やめましたが、そんなことを思い出しました。
余談が長くなり、申し訳ありません。

御句、二点お伝えさせてください。
「絵葉書の」は、「絵葉書に」を推します。これはかぬまっこさんと同じになりましたが、消印の存在感が増して異国情緒も高まると思いました。
もう一点は「春の塵」という季語です。この点についてはイサクさんと同じになりました。げばさんが季語を勉強なさって、とても語彙が豊富なのは敬服しますが、私は、例えば「春の風」等をご提案します。
げばさんがその絵葉書をポストから取り出して消印を見た時に、ふっと吹いた風。それはもはや冬のそれではない、春の風だった。その風に乗ってこのご友人との数々の思い出がよみがえってきたかもしれません…。

・絵葉書にPARISの消印春の風

点数: 2

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「絵葉書のPARISの消印春の塵」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

取り合わせは理屈では問題ないはずなのですが、季語「春塵」でいいですか?
映像はあると思います。その映像とコメントのズレが気になってます。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「絵葉書のPARISの消印春の塵」の批評

回答者 かぬまっこ

句の評価:
★★★★★

こんにちは(*^^*)
「凍鶴」にコメントありがとうございます。

春塵や絵葉書にPARISの消印

切れ字の好きな かぬまっこです。(*^^*)

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

「絵葉書のPARISの消印春の塵」の批評

回答者 あつこん

句の評価:
★★★★★

 こんにちは。
いつもありがとうございます。
 今日の此方はとてもいいお天気です。
 拙句「梅二月」は出掛にマフラーの結び目を緩めたことをいいまかったけど、マフラーにも季語がある!だったので変えました。
ボタンは漢字ですよね。

点数: 1

添削のお礼として、あつこんさんの俳句の感想を書いてください >>

「絵葉書のPARISの消印春の塵」の批評

回答者 はや

句の評価:
★★★★★

パリの消印、いいですねーその響き。消印からパリの風景のイメージが広がりますね!行ったことないですけど(笑)
春の塵としたのには何か理由があるのでしょうね。
ただの妄想ですが、ご友人は旅行でパリを訪れたのではなくそこに住んでいる方で、その土地にしっかり根を張っている様子が感じられたお便りだったのかなと思いました。「塵」→その土地のかけら、みたいに連想して、なんとなくそんな気がしました。

カカオの句へのコメントありがとうございました。寒の明けと合うとのこと、共感いただき嬉しいです!
これからもよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、はやさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

釣り人のふた手に分れ春の川

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

瞼重たくて正午の春紫苑

作者名 ぱぷり缶 回答数 : 5

投稿日時:

そこそこのぎしぎし畔を皓皓と

作者名 イサク 回答数 : 9

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『絵葉書のPARISの消印春の塵』 作者: げばげば
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ