俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

胸元のクロムハーツへ星月夜

作者 カイ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

今回は季語[色変えぬ松]ではなく、私の好きな別の季語の使い、よし造さんの十字架の句からヒントを得た句です。
よし造さんの許可は得てます。
十字架のアクセにクロムハーツがありますので、それを使いました。
学生時代の秋にデートで、彼女の付けていたネックレスの胸元に純銀のクロムハーツがついていて、しかも鏡みたいに綺麗で辺りの風景が映り、実際外の天気がその日は星月夜だったので、クロムハーツに星月夜が映っていた時の光景を句にしました。
上五中七でクロムハーツの映像を作り、助詞[へ]と下五で胸元のクロムハーツの映像に星月夜を組み込みました。
あと偶然ですが、クロムハーツという地球の金属の輝きと星月夜の天の輝きの2種類の輝くモノを組み込めれたと感じてます。

最新の添削

「胸元のクロムハーツへ星月夜」の批評

回答者 鈴屋いるか

カイさん、乾燥リクエスト2句目です
すこし過去の句なので探すのに結構苦労しました(笑
#嫌味じゃないですので悪しからず、、、

さて本句につきましては諸先輩方のコメントとほぼ同じになってしまいます
「へ」にすると季語としての星月夜の壮大な光景が少し弱まる気がしますし、上中で切って下五単体で「星月夜」をもってきたとしてもその壮大な輝きがクロムハーツに移ってる光景は表現できているように思えます

なので、諸先輩方と同じく以下の句でカイさんの詠みたい光景は表現できている気がします
・胸元のクロムハーツや星月夜

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、鈴屋いるかさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「胸元のクロムハーツへ星月夜」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句、十字架からの発想でクロムハーツに行ったのはなかなか面白いですね(*'▽')

胸元のクロムハーツというとてもとても狭い範囲に星月夜が映るというのが、ちょっと光景を想像しづらく、中七「や」でも十分のような気がしました。「へ」にすることで、ほんとにそこに映ってる?とか、狭い星月夜だな、とか、余計な考えが頭に浮かび、すっと星月夜の素敵な光景が届いてこなかったというのが第一印象です。やはり「へ」がいいのでしょうか?いかがでしょうか(*'▽')

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

胸元のクロムハーツへ夜半の月

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

ロマンチックに変わりありがとうございます。羨ましいご経験です。
実景ですから映っているわけですが、映像というより輝かしい星々が彼女のこころを輝かせているという鑑賞をしました。さらに言えば、人と神との交歓です。

ただ映像と見ると全天の星々が彼女の胸に集まるというのは無理があるので、月にしました。句意的には平凡になりましたが。

点数: 1

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

「胸元のクロムハーツへ星月夜」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

あっこれは(素材がコテコテという問題はありそうですが)詩の材料が揃ってますね。

「胸元のクロムハーツ【へ】星月夜」という御句も詩的に間違いではないですが、もともと素材「(胸元の)クロムハーツ」「星月夜」がキラキラコテコテなので、やりすぎている感を感じます。

俳句としては、
・胸元のクロムハーツや星月夜
と取り合わせるげばげば様の案に一票です。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

星月夜映せる君のクロムハーツ

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

「胸元の」という情報がどこまで必要かどうか…ですね。これを書くくらいなら、彼女を句に登場させた方が良いかと思います。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

「胸元のクロムハーツへ星月夜」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。カイ様、いつもお世話になってます。

御句、学生時代の素敵な思い出のシーンですね。
「クロムハーツ」というのは有名なのですね?私は全然知りませんでしたので、句の意味がわかりませんでした。まあ、胸元のハーツとおっしゃるので、ハート型のペンダントのことだろうとは思いましたが、ご自身のコメントを読んでも理解出来ませんでした。
他の皆さんもご存知ないだろうと思ったら、皆さんご存知なのですね。すごい!
結局Googleで調べました。ブランド名。勉強になりました。

わかった上でコメントを参考にしながら御句を鑑賞しましたが、どうも、彼女の胸元のクロムハーツと天空の星月夜は、別々にしたほうがいいのではと思いました。
大変失礼ですが、コメントのように空の星が胸元のアクセサリーに映っているというのは無理があり、仮に本当にそうであったとしても、大宇宙をそんなに小さなところに持ってきてしまわないほうがいいのではと思いました。というか、持ってくると星月夜の季語の良さがなくなってしまうのではと危惧します。
ですので、はっきりと分けるために、中七を「や」で切るげばさんのコメントに賛成します。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

卒寿われ初詣にも車椅子

作者名 田中喜美子 回答数 : 5

投稿日時:

餌箱にいつものさわぎ初雀

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

石蕗の花父母亡き家の石畳

作者名 あつこん 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『胸元のクロムハーツへ星月夜』 作者: カイ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ