俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

避雷針指すや薄暮の渡り鳥

作者 げばげば  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

みなさん、いつもコメント添削ありがとうございます。自分にはない考えが吸収できていつもありがたいです(*'▽')

実景をそのまま。が、渡り鳥だったかはわかりません、、。
マンション屋上の避雷針のその先に。避雷針と鳥は類想多いかな。

みなさんご意見よろしくお願いいたします。

最新の添削

「避雷針指すや薄暮の渡り鳥」の批評

回答者

この度は添削誠にありがとうございました。
確かに後者が私の言いたいことでしたので空は要らないと感じました。中八を解消していただいて自分の作った物のリズムの悪さがわかりました。

げばげばさんの俳句を拝読しました。
避雷針との取り合わせ素敵だと思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、佐さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

鳥渡る銀座和光の避雷針

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

そうですねー。この擬人化はちょっとさわりますねぇ。避雷針といえば、すでになんか指しているイメージありますしね。

点数: 3

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「避雷針指すや薄暮の渡り鳥」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

言葉にむずかしいところはなく、風景はなくはないのですが・・・

◆「避雷針指す」というのは「避雷針の真上を飛んでいて、避雷針が指さすようだった」という解釈でいいのでしょうか?
 だとすれば、微妙な擬人法が気になる上に、説明的な要素もあり、あまり効いていないような・・・
 他の解釈は思いつきません。
 (最初は「避雷針刺す」と誤読して「工事中?」と思ったのはナイショです)
◆「薄暮の」も、なんだか露骨に風景を足したように見えます。
◆句全体は「避雷針」「渡り鳥」の取り合わせなのですが、???な感じですね。取り合わせならば、季語ではない「避雷針」の描写をするのがひとつの方法論です。
 「指す」は避雷針の行動(擬人法:作句者の目線では)なので、描写とはいえませんよね・・・

・渡り鳥屹立したる避雷針 (薄暮抜き)
・渡り鳥薄暮に起ちぬ避雷針 (十七音の限界近い)
・避雷針薄暮に揺れて渡り鳥

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「避雷針指すや薄暮の渡り鳥」の批評

回答者 卯筒

句の評価:
★★★★★

げばげばさまいつも丁寧な添削ありがとうございます。
何故、死人花にしたか。
何故、色づきてなお色褪せぬにしたか。
なおじい様の『高々と掲ぐ提灯鳥渡る』のコメントに書いてあります。
何度も説明をのせるのが少し憚れたのでそちらを読んでいただけると幸いです。
不作法ですが本当に申し訳ありません。

点数: 2

添削のお礼として、卯筒さんの俳句の感想を書いてください >>

「避雷針指すや薄暮の渡り鳥」の批評

回答者 らりこ

句の評価:
★★★★★

渡り鳥の添削ありがとうございましたm(_ _)m
三段切れに気が付かず投稿してしまいました。ご指摘ありがとうございます。

げばげばさんの句を上手く添削出来ませんので、気になった所だけ書かせて頂きます。避雷針なので「指す」は省略しても良いのかもと思いました。

点数: 1

添削のお礼として、らりこさんの俳句の感想を書いてください >>

「避雷針指すや薄暮の渡り鳥」の批評

回答者 はや

句の評価:
★★★★★

いつもながらすごいなーと思うのは、私にはきっと避雷針には注目できないだろうなということ。げばげばさんの観察眼、真似しようとしてもなかなか真似できないなと思っています。
避雷針の描写ってなかなか難しそうですね。私も「指す」と使いそうです。それか「立つ」か。
卓鐘さんの「銀座和光」はおもしろいなと思いました。場所によってがらっと雰囲気が変わりそうでいいですね。

点数: 1

添削のお礼として、はやさんの俳句の感想を書いてください >>

「避雷針指すや薄暮の渡り鳥」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。げばげば様、いつもお世話になってます。

御句、「避雷針指すや」と、「刺す」でないですが、よろしいでしょうか?このままでは、避雷針が、あ、渡り鳥だ!とゆびを指しているということになりますね、もっとも、指は無いけれど。
それでも意味は通ると思いますが、私は「針」だけに「刺す」のほうが適しているのではないかと。そして本当に刺してしまったら大変なので、私の提案句は笑ってしまうようなものですが、次のようなものを考えました。

・避雷針刺されぬやうに鳥渡る

的外れかもしれません。すみません、げばさん。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

鳥渡る薄暮の空の避雷針

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

拙句・・私の意図以上に読み取っていただき感激です。俳句にはアニミズムが潜在していますが、異国の鳥と大和の湖との交歓です。その背後に神のはからいがあるわけです。ありがとうございました。
御句・・実景ということですが、避雷針は普通垂直ですし、鳥は瞬時に動いてしまうので私には「指さしている」ということがピンときません。卓鐘さんと同じ型ですが、句全体で季語を立てることもできると感じました。いかがでしょう。
ところで、現代俳句協会のネット句会に参加していますか。もしまだなら、ぜひ。

点数: 1

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

「避雷針指すや薄暮の渡り鳥」の批評

回答者

句の評価:
★★★★★

この度は添削誠にありがとうございました。
確かに後者が私の言いたいことでしたので空は要らないと感じました。中八を解消していただいて自分の作った物のリズムの悪さがわかりました。

げばげばさんの俳句を拝読しました。
避雷針との取り合わせ素敵だと思います。

点数: 0

添削のお礼として、佐さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

をみなごや胸にふたつぶ葡萄抱く

作者名 一本勝負の悠 回答数 : 0

投稿日時:

忍び寄るパンデミックや花のころ

作者名 かこ 回答数 : 1

投稿日時:

航跡の佇む純色冬の空

作者名 さくら 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『避雷針指すや薄暮の渡り鳥』 作者: げばげば
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ