俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

初秋刀魚一尾ちびちびつつきをり

作者 イサク  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

高級魚。

最新の添削

「初秋刀魚一尾ちびちびつつきをり」の批評

回答者 ダック

イサク様
こんばんは。「七輪で・・」にコメント頂き有難うございました。確かに自分の行為の
報告文でした。「ドヤ顔」という言葉が浮かんで順番を変えるだけでそのまま書いていました。次気を付けます。
御句、サンマを(たぶんお酒を飲みながら、テレビを見ながら)ちびちびつついているという光景が普通に浮かびます。まさかその「ちびちび」というところにご指摘があるとはとびっくりしましたが。そのご指摘に対してどのように句を見直しされるのか興味深々です。私は全く思いつきません。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、ダックさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「初秋刀魚一尾ちびちびつつきをり」の批評

回答者 はや

句の評価:
★★★★★

新秋刀魚をちびちびつつく…。これはもう描かれていないだけで、隣には間違いなく日本酒が置いてあるでしょう!と勝手に解釈してしまいました。
なるほど、高級魚だからか。ちびちび、大事に大事に。
ただ魚が今全般的に高いと感じているので、世間で言われるほど秋刀魚が取り立てて高級かなあ…と思ったりもする今日この頃。あ、あくまで個人の感想です。
秋刀魚食べて、日本酒クイッと飲んで、ぷしゅ~ってやりたいです(笑)

「秋晴を…」の添削ありがとうございました。
助詞を変えてのランク付け、とても分かりやすかったです。
季語+や」は俳句の基本、そうか!そう思って自分のこれまでの俳句を見直したら、「季語+や」は最初の一句だけでした…。
皆様のステキな句に憧れつつも、まずは基本をしっかり身につけていくことを目標にがんばりたいと思います。
いつもご指導ありがとうございます。

点数: 2

添削のお礼として、はやさんの俳句の感想を書いてください >>

「初秋刀魚一尾ちびちびつつきをり」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。イサク様、いつもお世話になってます。
拙句「抗えど」ご評価ご添削有難うございました。
そうなんです!今ごろ初秋かよ!というツッコミ覚悟でした!夏を引きずる私には、ようやく初秋を感じたわけです…と言い訳をして。

御句、なぜ「一尾」と断りを?と思いましたらなんと!「一尾ちびちび」と韻を踏んで(?)いますね!
それとなく詠み込むとはさすがです。
御句はつついているのが作者ご自身とも、どなたか他の方とも読めますね。そしてその食べ方を、当人あるいは見ている人がどう思っているかもさまざまだと思います。「丁寧に食べてはる。よほどお好きなんやろ」「そうか?なんや辛気臭いなぁ。もっとこう、景気よういかんかいな」「ここは日本酒やで」「ちゃうがな、ビールやろ」…。

御句に触発されて一句浮かびました。提案句にしようか迷いましたが、もったいないので(笑)、明日別途投句させていただきます!

点数: 2

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「初秋刀魚一尾ちびちびつつきをり」の批評

回答者 かぬまっこ

句の評価:
★★★★★

おはようございます(*^^*)

秋刀魚は庶民の魚だったのにいつの間にか高級魚になってしまいましたね。

「つつきをり」よりも「食ひにけり」としてはどうでしょうか❔
数の子がようだったようにね。

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

「初秋刀魚一尾ちびちびつつきをり」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも的確なコメントありがとうございます

鴇の句、コメントありがとうございます。
おー、そうなんです。ねむるのリフレインと悩みつつ、「の夜」を選択したのですが、なぜわかるのでしょうか・・。
「ニッポニアニッポンの夜」とすると、コメントでわざわざ「ニッポンへのメッセージ性とかはなく」と但し書きするほど、ちょっと裏のメッセージがあるように見えるというか、そうじゃなくてリズムを意識しただけなのに、、という。
「ニッポニアニッポンの夜」「ニッポンの夜」っていう響きがいいなあと思い選んだのですが、懸念したことはすべて指摘されました、、でも解消法が見つからなかったんですが、イサクさんのコメントで腑に落ちました(^▽^)/

御句、私も先日初秋刀魚を食べましたが、おいしかったですわー。
卓鐘さんの杉焼でもそうですが、そのものでなく、食べ方で季語のことをどう思っているかとか、季語のおいしさを表していくっていう描写もおもしろいですよねー。高級魚だもんなー、秋刀魚。というか、いつの間にか兼題「さんま」になったので、私も明日は秋刀魚で投句します(*'▽')ありがとうございます!

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

初秋刀魚少し食みては一献す

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

拙句・・ご指摘のような高度な技は知りません。ご指摘いただいて句の格が上がったような、得したような。ありがとうございました。
御句・・私には「ちびちび」以下は、なんだかみすぼらしい食べ方に思え、大事に食べているとは取れませんでした。そう読むとシニカルな句と思えて味が出てきました。掲句は、単純に高級魚の秋刀魚を讃えた句です。

点数: 1

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

「初秋刀魚一尾ちびちびつつきをり」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

いやー、イサクさんに見てもらえて助かります。自分で気づかないことも多くて。

■八月尽
ちょっとした報告混じりな句だったとはいえ、「予約を終へて」は安易すぎでしたね。みなさん、職域で受けられれて羨ましい。僕自治体の案内が早かったので職域ほっといたら、自治体の方が先延ばしされて、あららという感じです。まぁまだ家にこもっているので良いのですが。。

■秋刀魚
アルミホイル!!それは気づかなかった。そっちの印象に引きづられますか。そうなると銀箔の比喩はどうしても厳しいかもしれないorz 超薄い銀箔(金箔)のふわふわぺらぺらしたなんともいえない表面の質感を表現したかったんですが。秋刀魚の皮を焼くときの微妙に膨れて破れて落ちる部分のぺらぺら感。。

[御句]
私の杉焼もそうだったんですが、「ちびちびつつき」が大事に食べているのか、行儀が悪いのか、受け手によって感じ方が分かれそうですね。ただ、読後の韻が小気味良いので、字面だけではわかりませんが、リズムが楽しみな秋刀魚であることを表現していると思います。

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「初秋刀魚一尾ちびちびつつきをり」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

イサクさん、こんにちは🙂
「霊峰の〜」の句、ご批評ありがとうございます。
「富士曼荼羅図」ですね。いろんなバージョンがありますよ。
季語までたどり着けず…」仰る通りと思いました😓
好きな句材なので、今度はと思います。

御句、最初は知世さんの言うように「食ひにけり」のほうが良いかなとと、思いましたが、「つつきをり」の方が、現場感がありますかね…
確かに、秋刀魚は高級魚。

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「初秋刀魚一尾ちびちびつつきをり」の批評

回答者 オマちゃん

句の評価:
★★★★★

イサク様

秋刀魚の句にコメント頂き、ありがとうございました。
当方、どうやって季語を活かすべきかまだまだテクニックが未熟なもので、非常に勉強になりました。

さて、御句響きが良いですね。
声に出して読みたくなります。
ちびちびちび、とリズミカルに言いつつもしっかりと光景が思い浮かぶ面白い句ですね。
ステイホームで、今秋も御句のような光景が増えているかもしれませんね。(笑)

点数: 1

添削のお礼として、オマちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

「初秋刀魚一尾ちびちびつつきをり」の批評

回答者 すかんぽ

句の評価:
★★★★★

御句、最初拝見した時、お酒を飲みながらかなと思いましたが
もしかしたら高級魚と化したサンマだからかなとも思いました。
鑑賞力もない私がと添削は差し控えておりました。
でも、他の皆さんのコメント読ませていただき、納得いたしました。
ちびちびつつくという表現、リアリティがあります。
皆さんの句、コメントからひとつひとつ学ばせていただいております。ありがとうございます。
また、拙句に対してのご助言、ありがとうございました。
空は秋、とただ勢いをつけたのですが、そうすると秋という季語になり、弱くなるっていうのがよく分かりました。秋の空とはだいぶ違いますよね。
軽率でした。その違いを考えもせず使ってしまいました。
今後ともよろしくご指導ください。

また
またわたしのくにたいしてのこめんと

点数: 1

添削のお礼として、すかんぽさんの俳句の感想を書いてください >>

「初秋刀魚一尾ちびちびつつきをり」の批評

回答者 まほろば

句の評価:
★★★★★

イサク様。「小病に」の句に丁寧なコメントとアドバイスをありがとうございました。
御句は私も「一尾ちびちび」のi 音の連続が心地よく、思わず他の所も探してしまいました。食に関してはほとんど私には語る資格がなく、俳句の大切な分野が欠落していて恥ずかしいです。
拙句へのご提案、季語の理解を徐々に深めて行きたいと思います。ありがとうございました。

点数: 1

添削のお礼として、まほろばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ききききききききききききききききき

作者名 えい 回答数 : 3

投稿日時:

要望:褒めてください

光ってるホタルブクロを探し当て

作者名 優子 回答数 : 0

投稿日時:

人形の頭を撫づや雛納

作者名 かぬまっこ 回答数 : 10

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『初秋刀魚一尾ちびちびつつきをり』 作者: イサク
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ