俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

種も食う勢いで食う西瓜かな

作者 ダック  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

子供のころは食べる事に集中でした。種なんぞよけてたら他の子にとられてしまうくらいの感覚でがぶりついていました。

最新の添削

種も食ふ勢ひで食ふ西瓜かな

回答者 負乗

ダックさん、こんばんは🙂
お世話になります。
御句、趣意は平凡な感じですが、リズムは好きですね。「食ふ」〜「食ふ」のリフレインですね。
何がもう少し、諧謔が欲しいところですかね…そういう印象です。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「種も食う勢いで食う西瓜かな」の批評

回答者 卯筒

句の評価:
★★★★★

黒髪の句とはちがい懐かしい情景が浮かび良い句だと思います。
今はちまちまと種を取って食べますが昔は豪快に食べていたなと懐かしく思いました。

点数: 0

添削のお礼として、卯筒さんの俳句の感想を書いてください >>

「種も食う勢いで食う西瓜かな」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句、わかります!無邪気に食べる感じがあふれていますね。西瓜を食べるときって勢いありますもんね。志村けんさんの食べ方にもいつも驚かされながら笑っていたような。
このままでもいいと思いますが、「勢いで」が少し説明っぽく気になったので

種すべて喰ふかのやうに西瓜喰ふ

としてみました。いかがでしょう(*'▽')

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「種も食う勢いで食う西瓜かな」の批評

回答者 長谷機械児

句の評価:
★★★★★

ダックさん、はじめまして。

御句、拝読いたしました。

・食べ物を前にした子ども達の(おもに男兄弟どうしの)の熾烈な戦い、わかります。
・動詞「食う」を繰り返す三段切れ(同じ動詞を使うことでつながりがあるから、三段切れ自体はあまり気にならない)と思うのですが、上五中七の威勢良さがあるだけに、最後に「かな」で終らせるのは急に大人しくなったように見えました。体言止めで終らせるのが良いとは思うのですが、私にはいい下五が思いつきません。

とりあえず「西瓜」名詞止めで、いろいろ考えてみたものの・・・

 一心に種ごとかぶりつく西瓜
 ただただ食らふ種ごと食らふ西瓜

一句目は繰り返しが消えてしまいましたし、二句目は韻律何処に行ったんだって感じですし。

今後とも、よろしくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、長谷機械児さんの俳句の感想を書いてください >>

種も食う勢いで食う西瓜食う

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

長谷機械児様の「かな」のコメントと似ているのですが、なぜ最後を「食う」にしなかったのかな?と思いました。
上五中七「食う」連体形で繋がっているので、三段切れにはならないですね。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

種皮も食ふ勢いの西瓜食ひ

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。ダック様、いつもお世話になってます。

御句、情景が浮かびますよ。私は、「西瓜の種を食べると盲腸になる」とさんざん聞かされてきたので、煩わしいと思いながらも種を吐き出しながら食べていました。「種がなかったら思いきり食べられてどれだけ美味しいだろう」などと思っていました。
長じて先日、種なし西瓜を食べる機会があったのですが、予想に反して、なんとも味気ないものでした。「やはり西瓜には種がなくては」と思い、その気持ちを投句させていただきました。

さて御句、とてもいい感じです。そのいい感じは荒削りな力強さから来ているのですが、着地は普通になってしまったような気がして惜しいなと思いました。
私の提案句は、ここまで言うのだから、いっそ皮まで食うぞー、と言ってしまいました。
上五は「種も皮も」と迷いましたが定型優先としました。下五は、名詞にしちゃいました。

あと、何かの種を食べてしまうと、「ヘソから芽が出てくる」といわれたのですが、何だったか忘れました。

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

パリジェンヌ奈良には古き藍浴衣

作者名 黒徹 回答数 : 3

投稿日時:

満月や竹の内なる開耶姫

作者名 ちゃあき 回答数 : 1

投稿日時:

春愁と縁なき少女逆上がり

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『種も食う勢いで食う西瓜かな』 作者: ダック
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ