俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

彼方よりお休みなさい夏の星

作者 かぬまっこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

皆様✨お休みなさい。✨✨✨✨✨✨

最新の添削

「彼方よりお休みなさい夏の星」の批評

回答者 おせっかい

評価:凡人

発想:季語は夏「夏の星」、作者は夜空の星に何か願い事をしたのかもしれない。
そして心をこめて星に「おやすみなさい」を言ったら、星も「おやすみなさい」と声をかけてきたように感じたのだろう。
発想も表現も極めてシンプルで素直な句だ。

技術:場所や時間はおよそ想像できるが、季語「夏の星」への思いとか、自分が今置かれている状況など、この俳句を作ろうとした動機的なものを具体的に示さないと、「だからそれが何なの」と読み手は思って終わってしまう。
それが俳句なのである。 星は彼方にあるに決まっているから、俳句では言わずもがな、当たり前という無駄な言葉を削って、より必要な情報を入れることが大事。 ただ俳句は全てを言い切れない、言い尽くせない。
あとは読者夫々の想像に委ねるだけなのである。

修正:たとえば「明日こそ彼に会いたい夏の星」とか

点数: 0

添削のお礼として、おせっかいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

親子丼手抜きランチで師走メニュー

作者名 秋恵 回答数 : 5

投稿日時:

バス停にわが影一つ星月夜

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

夜の闇星が瞬く中一人輝く

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『彼方よりお休みなさい夏の星』 作者: かぬまっこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ