俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

雑草も緑は緑夏の庭

作者 なおじい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ある家の庭。雑草がすごい。私が「抜きましょうか?」と言ったら「いいの。雑草でも緑は緑だから」と。この言葉が印象的で詠んでみました。

最新の添削

「雑草も緑は緑夏の庭」の批評

回答者 中村あつこ

こんにちは。
いつもありがとうございます。
拙句門涼みには、丁寧にわかり易い御添削を頂き、全て納得できました。
 お添え下さった提案句は、本当に一昔前の情景が見えるようです。
 今は酒屋も無くなり、老人といえば、私達になってしまいました。
 子供だった主人は、半裸姿で、店先の桶の塩をつまんで、口に放り込み、クイッとお酒を飲む姿に、これが大人なんだと思ったそうです。見本が良くなかったのかも?です。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、中村あつこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

雑草も緑は緑簾垂る

回答者 知世

句の評価:
★★★★★

いつもコメントありがとうございます。
「吾子の病」の句は日記俳句を俳句としてもちょっといい感じにしたいといういやらしい思惑による誇張表現でした^_^;
いい感じよりも心配!が先に立ってしまったようで…ありがとうございます。
関係ない話ですが「保育園パートの妻」という語だけで元気で朗らかな奥様の姿が浮かび、この情報がいっぱい詰まってる感じ俳句っぽいなあ、などと思いました。

「緑」は季語なんですね、知らなかったです。
生い茂ってる雑草と夏の庭、確かにイメージ被るので違う語を持ってきたい感じはしますね。
何かないかな、と庭を眺めているイメージで「簾」としましたが…。
それにしても本当に素敵な言葉ですね。

点数: 2

添削のお礼として、知世さんの俳句の感想を書いてください >>

雑草も緑は緑父の庭

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

「雑草」は明確に季語とされてなかったりしますが、季語としてとり扱っている句もありそうですね。そうすると「夏の庭」という季語を持ち出す必然性が問われますね。清涼感のある風情のある季語なので、雑草でも緑だからと放置した荒れた感じに受けて止められる庭を夏の庭と締めくくっては難しいと思います。

「雑草も緑は緑」と言った方の潔さ、慈愛、大きさのようなものに対する感慨というのが、伝わりきれてないように思います。

それもやはり「夏の庭」が邪魔してますね。下五にこれが座ると、夏の庭が光景として立ち上がりますので。しかも放置された感じの。。

ここは嘘をついて、父とか母とか祖父とか祖母とかで良いかなぁと。

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

雑草も緑は緑ひとの庭

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

なおじいさん、こんにちは😃
いつも、こころ温かいご批評ありがとうございます。
拙句、「民草〜百日紅」ですが、ご感想、面白く読ませて貰いました。
百日紅は私も好きな花です。幹の肌合いも良いですね😉
「民草」の語がちょっと、どぎつかったかも知れません。
「あら大胆〜」の句、ひょっとしたら、なおじいさんあたりが評価してくれるかな…と思いつつアップしました😆 ありがとうございます。
でも、反響が小さいので、ちょっとふざけた句でしたかね…

さて、御句ですが、卓鐘さんと同様の感想を持ちました。上五、中七で季節感はたっぷりと出ているので、明確な季語がなくてもいいかな…などと思いました。批判はあるでしょうが…
日常で出会う、ちょっとした言葉が面白くて、句にそっくり取り入れてみようかな、と思うことは私もしょっちゅうあります。なまじっか意味を取り易いように直すより、そのままのほうが、言葉が生きてくる、と作り手としては思いますよね。
がんがんやりましょう😄

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「雑草も緑は緑夏の庭」の批評

回答者 74

句の評価:
★★★★★

こんにちは。いつも添削・批評ありがとうございます。勉強になります。
拙句の「90タグ」はやはり万人には伝わらないですね…表現探しはするとして、ひとまずこの句ではこのまま用いて手直ししようと考えています。提案句のようにスっと作れたらいいのですが、今回は今の実感として90を残したく…
名前書きを縫い込むとは刺繍でしょうか?それがルールだったら外注していたかもしれません(笑)便利な物事が増えて子育ての余分な苦労が減って有難いです限りです。

御句ですが、緑が季語とは知りませんでした。台詞部分で夏らしさを感じられますね。おおらかな人の庭、見てみたいものです。
さて、庭は確定として残り3音で色々と表現できる、という某N先生風の評価が出来そうでしょうか?皆さん既に色々とあげられてますね。私にはなんとなく女性が言ったように思えるので、ばば又は叔母の庭を推します。
なおじいさんの句は意味が通りやすいので、より良くするためのコメントが集っていて勉強になります。イサクさんへの質問も読んだり…勉強熱心な姿勢を尊敬します!

点数: 1

添削のお礼として、74さんの俳句の感想を書いてください >>

「雑草も緑は緑夏の庭」の批評

回答者 ダック

句の評価:
★★★★★

なおじいさんさま
おはようございます。 「夏休み・・・」にコメント有り難うございました。
御句の「雑草も緑は緑」とあっさり言い切っているところがいいなと思います。

点数: 1

添削のお礼として、ダックさんの俳句の感想を書いてください >>

「雑草も緑は緑夏の庭」の批評

回答者 はや

句の評価:
★★★★★

添削ありがとうございます!
表現したかったことを丁寧に汲み取ってくださり嬉しいです。おっしゃる通り、私が「腹に乗せ」たのではなく、子どもが乗ってきて結果的に「腹に乗せ」ている状態になっているのですが、そこがうまく表現できてないですよね…

「雑草も緑は緑夏の庭」
生命力あふれるかんじがステキです!
と思ったら季重なりだったのですね。勉強になります。
このままで私はとても好きなのですが、
雑草も緑は緑我の城
もアリかなと。私は私!と賑やかな雑草園を楽しんでいるかんじになるかと思いました。

点数: 1

添削のお礼として、はやさんの俳句の感想を書いてください >>

「雑草も緑は緑夏の庭」の批評

回答者 秋恵

句の評価:
★★★★★

なおじい様
その通りですョオ~
確かに蚊が湧いたりして
邪魔ものかも、ですが
スカッと抜いてしまっては
緑がなくなって
寂しい気がします!
納得の一句でーーす♡

点数: 1

添削のお礼として、秋恵さんの俳句の感想を書いてください >>

「雑草も緑は緑夏の庭」の批評

回答者 宮武桜子

句の評価:
★★★★★

こんにちは
なおじい様

真っ直ぐな読みで私は好きです。
以前
雑草と決めて草の根抜きにけり
と詠んだことがありますが、なおじいさんの句の方が清々しいくて良いですね。

点数: 1

添削のお礼として、宮武桜子さんの俳句の感想を書いてください >>

雑草も緑は緑大暑の日

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

「緑」が季語です。植物を表す場合に限りますが。
でも台詞の中なのでセーフにしておきます。

問題点は、下五に「夏の庭」と置いて、句全体が庭の説明となってしまったことではないかと思います。
心を動かしたのは庭ではなく言葉なので、言葉を生かす季語を選ぶべきではなかったかと思います。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

寒暁の天迄登る五百缶

作者名 マツスタ 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

雪解けの道にさまざま靴のあと

作者名 あらちゃん 回答数 : 6

投稿日時:

新緑の浸食したる湖面かな

作者名 鳥越暁 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『雑草も緑は緑夏の庭』 作者: なおじい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ