俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

古民家の縁を跣で歩きけり

作者 げばげば  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

古民家に泊まった夏休み。縁側の涼しさを味わいたくて。

最新の添削

古民家の涼の足裏に伝わりぬ

回答者 よし造

拙句・・好意的コメントありがとうございました。励みになります。
御句・・このままで句意は十分伝わります。
掲句は、こんな風にも詠めるかなと思って作句して見たものです。景が変わりますが。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「古民家の縁を跣で歩きけり」の批評

回答者 知世

句の評価:
★★★★★

いつもコメントありがとうございます。
クセの強い、言ってしまえば妙な句も尊重して向き合っていただき嬉しいです。
「夏休みも一人〜」の句はその区切り方であっております。
チープな感じを出したくて使った「サイキック」ですが北野誠が浮かぶのは少し問題ですね(p_-)

こちらの句は素足で踏む木の温度や感触まで伝わってくるような。
げばげばさんの作品はいつも、まるで句に描かれた風景の中にいるかのような気持ちにさせてくれますね。

点数: 1

添削のお礼として、知世さんの俳句の感想を書いてください >>

古民家に着くや跣になりにけり

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。げばげば様、いつも勉強させていただいております。

御句、これはもう完成形ではないですか?
跣という字、最初は読めず、というか、つま先だと思いましたので、字余りだなと思い、調べましたら「はだし/すあし」だと。皆さん色々な言葉をよくご存知ですね。本当に勉強になります。

提案句置きましたが、無理矢理作りました。
古民家に着くやいなや(ここの「や」は、この「や」です)、何かひかれるものがあり、矢も盾もたまらず裸足になってしまった、というような意味です。

知世さんがげばさんの作風を褒めておられますね。私も負けないように頑張ります!

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

古民家の縁を跣で歩きたり

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

「古民家」というだけで、みんなで貸し切りで止まったというイメージはできるのがうまいところですね。一点、「けり」でなく「たり 」だと思います。「けり」は本来、間接過去なのでみんなで歩いた。という印象になるので、自分の体験しかも存続の意味も持たせた方が良いかなと。

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

古民家の縁を跣で歩きけりの批評

回答者 三日酔いの防人

句の評価:
★★★★★

げばげば様、今晩は。
御句を拝見致しました。
古民家の床や畳の感触、日本人に生まれて良かったと思う瞬間ですね。
他の方の意見にもありますが、思い切って跣を大胆に表現しても良い感じました。
縁や、歩きけりは推敲の余地があるかもです。
ぬらぬらと跣の呼吸古屋敷
とご提案致します。

点数: 1

添削のお礼として、三日酔いの防人さんの俳句の感想を書いてください >>

古民家の縁を素足で歩きけり

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

げばげばさん、こんばんは😀
拙句、「法悦の〜」の句と、たった今の「百日紅」の句、ご批評いただいて嬉しいです。励みになります。
御句ですが、夏らしくて、リアリティーのある句ですね。古民家の板張りの床ですね。夏らしくて好きです。
「跣」、はだし?より「素足」のほうがいいと思いました。(久田様の提案句もありましたが…)

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

朝焼けの空雪の精霊屋根に舞う

作者名 タルタルソース 回答数 : 3

投稿日時:

要望:褒めてください

新春の笑カッコイイと春恋かな

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

ねんりんぴっく富山大会6月15日締切

作者名 腹井壮 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『古民家の縁を跣で歩きけり』 作者: げばげば
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ