俳句添削道場(投句と批評)

まーやんさんの添削得点の高い順に並んでいます

「冬うらら嘉手納はチューインガムのにほひ」の批評

回答者 まーやん

添削した俳句: 冬うらら嘉手納はチューインガムのにほひ

南風の記憶様
はじめまして、感想だけですみません。初心者過ぎて添削などとてもできませんが、沖縄出身なのでリアルに香りやアメリカーが感じられました。字面だけで懐かしい感覚に触れられたのはうれしい体験です。

点数: 3

「続かないバレーボールや春麗」の批評

回答者 まーやん

添削した俳句: 続かないバレーボールや春麗

かこ。様
バレーボール、ラリーが続かない所を俳句にするなんて楽しいですね。
眺めている惜しい思ってる目に優しいあたたかさを感じました。

また、春雲の句に添削ありがとうございます。
季語の持っている意味の理解を深めながら全体を見直してみようと思います。
改めて読んでみると伝わらない感じがします…俳句にもなってないというか…。
教えてくださりありがとうございます。
もずくの句のお返事はまた改めてさせてください。

点数: 3

「野将棋やほころんでいる桃の花」の批評

回答者 まーやん

添削した俳句: 野将棋やほころんでいる桃の花

かこ。 様
こんにちは。
まずお句ですが、野将棋?外で将棋?と思ったら公園で指しておられるのですね😃
見てほころんでいるのが春の風で揺れる印象と重なって絵が浮かびます。将棋を指している景色が横からじゃなくて上からの景色で盤上が見えてきました。
たくさんの戦いを見てきたんでしょうね。
角度がたのしい句だと思いました。

また、私のもずくの句に添削ありがとうございました。
お茶を摘むように根を残して先を摘み採る動作を摘むという表現に託しました。腕まくりについては長袖を着るくらいにはまだ肌寒い気温の感じと姉のやる気が伝わればと思い選びました。工夫したところに気付いて下さってとても嬉しいです。

点数: 3

「何故なのか落としたパンは裏返し」の批評

回答者 まーやん

添削した俳句: 何故なのか落としたパンは裏返し

まお様
菜の花の句に批評いただきありがとうございました。
濡れと雨は重なるのですね。また「から」の一言で始まりを匂わせるなどアドバイスと添削後の句非常にためになります。
初心者でルールも曖昧ではありますが作りながら少しずつ学んでいこうと思っています。

パンの句くすっとなりました。
やるせないですよね、俳句であるかどうかはおいといて目線が追える作品でヤキソバパンだったら大変などと想像をふくらましてしまいました。
また楽しみにしています。

点数: 2

「散髪の鋏の眩し春日和」の批評

回答者 まーやん

添削した俳句: 散髪の鋏の眩し春日和

そうり様
こんにちは、鋏が光って眩しいキラキラしたした感じが素敵です。目を細めた顔まで見えるようです。また春と散髪が一緒に浮かぶと別れや出会いの席がある為かいつもより少し特別な身繕いの気持ちが感じられました。素人が提案などしていいものか悩みつつ胸をかりるつもりで乱反射して動いてる感じを加えてみました。「散髪の鋏に弾む春日和」考えている時間たのしかったです。

また、電車の句に添削ありがとうございます。
南武線のラインです、おっしゃるように銀座線とか他にも黄色い電車ありますねぇ。
何かを入れれば何かが入らずで最近仕事中も上の空です。提案句でいただいたの時間と場所を改めて意識したいと思います。霞でうっすらした淡い感じがわかります。さすがです。

点数: 2

まーやんさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

船出の宴帰りゆく背に風光れ

回答数 : 5

投稿日時:

船出の宴光風願い皿洗う

回答数 : 4

投稿日時:

風車詠むも読むのもきりきり舞い

回答数 : 2

投稿日時:

しじみかなすする味噌汁酔い醒まし

回答数 : 3

投稿日時:

朝霞夕べの文に赤入れる

回答数 : 4

投稿日時:

まーやんさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

掃き寄せた地平の雲よ十二月

作者名 エンポリオ 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

まつしぐら何を目指して滝の水

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

秋晴れや鳶悠々と田は黄金

作者名 やん 回答数 : 5

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ