俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

散髪の鋏の眩し春日和

作者 そうり  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

床屋さんで、順番を待っている時の、一コマを切り取りました。

最新の添削

理髪待つ鋏の眩し春日和

回答者 上岡 たつき

はじめまして。カップ麺の句、添削ありがとうございました。季語をいれたいと思いつつうまく入れる考えが浮かばなかったのですが、すっきりしました。

御句拝見いたしました。
鋏に反射した日の光にふと暖かな春を感じて外に目をやる、穏やかなひとときの様子を感じました。

待ち時間ということで、様々な人が髪をきって気持ちを入れ替えようとするのもまた春らしいなと感じました。
ですので、自分なら、と盛り込んでみましたが、逆にごちゃっとしてしまいましたかね。

これからもよろしくお願いします。
ありがとうございました。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、上岡 たつきさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

散髪の鋏眩しや春日和

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

散髪屋さんに春の光が差し込んで鋏が光る感じ、伝わります。の、の、が少しリズムが悪いかなと思い、や、にしましたが好みの問題かもしれません。🙇‍♀️

点数: 2

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

「散髪の鋏の眩し春日和」の批評

回答者 まーやん

句の評価:
★★★★★

そうり様
こんにちは、鋏が光って眩しいキラキラしたした感じが素敵です。目を細めた顔まで見えるようです。また春と散髪が一緒に浮かぶと別れや出会いの席がある為かいつもより少し特別な身繕いの気持ちが感じられました。素人が提案などしていいものか悩みつつ胸をかりるつもりで乱反射して動いてる感じを加えてみました。「散髪の鋏に弾む春日和」考えている時間たのしかったです。

また、電車の句に添削ありがとうございます。
南武線のラインです、おっしゃるように銀座線とか他にも黄色い電車ありますねぇ。
何かを入れれば何かが入らずで最近仕事中も上の空です。提案句でいただいたの時間と場所を改めて意識したいと思います。霞でうっすらした淡い感じがわかります。さすがです。

点数: 2

添削のお礼として、まーやんさんの俳句の感想を書いてください >>

散髪の鋏の音や春日和

回答者 南風の記憶

句の評価:
★★★★★

そうり様、こんばんは。
「散髪」と「春日和」の取り合わせが良いですね。努力の甲斐あって、少しずつ感覚をつかめてきたように感じます。

気になるのが一点だけ。鋏の描写「眩し」です。季語が「春日和」ですから、陽光が当たって鋏がきらりと光るのは、書く必要がないと思います。
そこで提案ですが、ここは鋏の「音」に焦点を当てるのはいかがでしょうか。春の陽射しの中を、はさみの音が軽やかに響く。そんな光景が浮かべば、よりいっそう季語の「春日和」が生きてくるように思います。

それと……私の句歴は、半年ではなく「一年半」です(笑)。始めて半年の段階では、まだ俳句がどういうものか分かっていませんでした(汗)。と言っても、今だって大して分かっていませんが(泣)。

点数: 1

添削のお礼として、南風の記憶さんの俳句の感想を書いてください >>

「散髪の鋏の眩し春日和」の批評

回答者 南風の記憶

句の評価:
★★★★★

そうり様、「チューインガム」の拙句の批評、ありがとうございます。しかも、私の意図まで読み取られており、感服させられました。

おっしゃる通り、取り合わせは「チューインガム」以外ありえないのです。「冬うらら」の季語を生かすには、他のモノではダメです。

例えば「バドワイザー」だとしたら、強すぎて、冬うららとの齟齬が生じます(炎天下とかなら良いかもしれません)。

アメリカナイズしたものというだけでなく、冬うららのどこかノンビリとした雰囲気に合うものでないといけません。だからチューインガムなのです。

これが分かるということは、俳句の感覚をつかみ始めている証拠です。この調子で、がんばられて下さい。

点数: 1

添削のお礼として、南風の記憶さんの俳句の感想を書いてください >>

「散髪の鋏の眩し春日和」の批評

回答者 翔子

句の評価:
★★★★★

そうり様
すみません、提案句が思い浮かばないので、もう少し考えてみます🙇💦添削、怖じ気ずく、まさにその通りです、罪と罰、始めの数ページで怖くてもう先が読めなくなってしまい、漫画で罪と罰、というものを仕方がないので読みました💦さまよう刃も数ページで怖くなり、一時、読むのをやめました。

点数: 1

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

「散髪の鋏の眩し春日和」の批評

回答者 宮本宏之

句の評価:
★★★★★

そうり様、いつも添削、コメントありがとうございます。勉強になっております。
ハサミが光ってたら怖くなりそうですが季語で柔らかくしてるのだと感じました。何でもない日常を上手く切り取っておられるな、と思います。

点数: 1

添削のお礼として、宮本宏之さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

枝先の氷柱の光露天風呂

作者名 かぬまっこ 回答数 : 6

投稿日時:

時とまる寒し教室いす座り

作者名 本田 回答数 : 3

投稿日時:

あの日祖母がナガサキを見渡した山へ

作者名 土谷海郷 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『散髪の鋏の眩し春日和』 作者: そうり
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ