俳句添削道場(投句と批評)

南風の記憶さんの添削得点の低い順の5ページ目

カピカピの舌のやうなる枯葉あり

回答者 南風の記憶

添削した俳句: カピカピの舌のやうなる枯葉かな

 土屋郷里様、はじめまして。よろしくお願いします。

 御句ですが、比喩という難しい技にチャレンジされた意欲を感じます。
 その上で、最後に詠嘆の「かな」を使うと、せっかくの比喩が弱まる印象があるので、ここは”あり”を使って協調された方が良いのではないかと存じます。
 少しでも参考になれば幸いです。

点数: 0

「年寄りと地蔵の集い冬温し」の批評

回答者 南風の記憶

添削した俳句: 年寄りと地蔵の集い冬温し

 こま爺様、「この島は〜」の拙句にコメントありがとうございます。
 私が不勉強なもので恐縮ですが、「この島」を「ネオン」に変えられたのは、添削ということでしょうか?

点数: 0

「雪解やピアニシモからフォルテシモ」の批評

回答者 南風の記憶

添削した俳句: 雪解やピアニシモからフォルテシモ

いなだはまち様、「冬眠」の複数人選おめでとうございます!

昨日の「PK」の句について、ご指摘ありがとうございます。あれは完全に、私の勉強不足でした(汗)。もう一度季語の本意を確かめた上、再チャレンジします(私、時々こういう凡ミスをやらかしがちです。ご容赦を……)。

点数: 1

春隣屋根のシートを剥がす日よ

回答者 南風の記憶

添削した俳句: 春隣屋根のシートを揺する風

こんにちは。あまり上手く添削できないのですが、そうり様の気持ちの通りになるように、少し直してみました。

「春隣」とは春への期待感を含む季語です。この句の内容で、期待することと言えば、屋根の補修が終わり、シートを「剥がす」ということじゃないでしょうか?

「シートを剥がす日よ」と呼び掛ける言い方にすることで、実際には「今はシートを剥がせない状態」だということも、読み取れると思います。

点数: 1

「節分の護摩の煙で肩さする」の批評

回答者 南風の記憶

添削した俳句: 節分の護摩の煙で肩さする

こんばんは。遅くなりましたが、批評と添削ありがとうございます。

御句、「節分」と「護摩」の取り合わせにハッとしました。また下五の「肩さする」で、修行者の動きも浮かんでくるようでした。

一か所<護摩の煙「に」肩さする>でも良いように思いますが、いかがでしょうか。

点数: 1

南風の記憶さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

お詫び

回答数 : 3

投稿日時:

ドーナツの形の地雷唐辛子

回答数 : 7

投稿日時:

この島は流刑地だった夕時雨

回答数 : 5

投稿日時:

重ね着す捲りたくなるやうな雲

回答数 : 3

投稿日時:

この音はライト定位置息白し

回答数 : 6

投稿日時:

南風の記憶さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

なんとなく手持無沙汰や春炬燵

作者名 竜子 回答数 : 6

投稿日時:

霜夜から降る白光の眩しさよ

作者名 のんき 回答数 : 3

投稿日時:

要望:厳しくしてください

多摩の流れ名前はいらぬ芝桜

作者名 めい 回答数 : 4

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ