俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

雪解やピアニシモからフォルテシモ

作者 いなだはまち  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

NHK雪解ボツ句です。
発想は気にいってます。
手直しなどしていただけますでしょうか?

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

雪解のピアニシモからフォルテシモ

回答者 南風の記憶

句の評価:
★★★★★

先ほどは、ありがとうございます。

私も、面白い発想の句だと思います。これは推測ですが、ひょっとして「雪解や」と一度切っているので、後半の「ピアニシモからフォルテシモ」が雪解の音なのか、それとも別の音なのかが、分かりにくいと選者の方は判断したのかもしれません。

強いて言えば……私なら「や」で切らず、「の」で意味をつなげるかもしれません。

さて……「初空」の句の添削、とても納得いきました。なるほど、確かに「へ」ですね。

点数: 2

添削のお礼として、南風の記憶さんの俳句の感想を書いてください >>

「雪解やピアニシモからフォルテシモ」の批評

回答者 南風の記憶

句の評価:
★★★★★

いなだはまち様、「重陽」の句の批評、ありがとうございます。
あの句に関しては、添削をお願いしたかったというより、皆さんがどのような批評をされるか興味があったのです。というのも……どうしてこの句が人選だったのか、自分で分からなかったので(苦笑)。なるほど「和に洋を重ねる」ですか。その取り合わせの意外性も、評価していただいたのかもしれませんね。

それと「雪解」の句、確かに「雪解水」でも成立しますね。
「雪解」とすると雪解の「音」の方に焦点が行き、「雪解水」とすると、流れる水の方に焦点が行く印象です。これはもう、いなだ様の表現したかったニュアンスで選ばれるのが、よろしいかと存じます。

点数: 2

添削のお礼として、南風の記憶さんの俳句の感想を書いてください >>

「雪解やピアニシモからフォルテシモ」の批評

回答者 丼上秋葵

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
元管弦楽団所属の、おくらです。

ナウマンゾウの句のお知らせ、ありがとうございました💦時事川柳みたいな句でも、入選はやっぱり嬉しいものですね。

入院中は、スマホを使える時間に制限が設けられていて、お礼が遅れ、申し訳ございません💦

恐縮ながら、御句に感想を述べさせていただきます。

◆雪解やカルマートからコン・アニマ

作句の着想自体は優美で素敵だと思います。
冬の静かな、荒涼とした野山から、草木や動物たちが少しずつ芽吹き出し、にぎやかになっていく様が、ふんわり想像できます。

いなだはまち様は音の大きさに焦点化されたようですが、どうせやるなら、という提案句です。音楽記号は多様かつお洒落な単語が多いので、一旦調べてみるとよいかもしれません。

ただ、原句より大分、衒学的なので、アレですね💦
「クレシェンド」とか「リタルダンド」あたりなら、有名なので、上手く使えば、よりよい作句につながるかも知れません。

少しでもご参考になれば、幸いです。

点数: 2

添削のお礼として、丼上秋葵さんの俳句の感想を書いてください >>

「雪解やピアニシモからフォルテシモ」の批評

回答者 南風の記憶

句の評価:
★★★★★

いなだはまち様、批評ありがとうございます。

貴殿の人選句「時間は縦軸冬眠は横軸」について、“こういう見方があるのか!”と、はっとさせられました。さらに破調の句でありながら、「は」を二回挟むことでリズムも生まれている。やはり秀句だと思います。

さて「ガマ」の句。地元の人間でないと、ピンとこないかもしれません(汗)。

すでにお察しでしょうが、この句は「沖縄戦」を詠んだものです。ガマに立てこもる日本軍や住民を、米軍が火炎放射器で焼き殺していたということがありました。火炎放射器の炎は、まるで這うように人々を襲ったと言われています。

現代。夏のガマは、蒸し暑い。まるで「溽暑」が這っているように。そのイメージと火炎放射器のイメージが重なったので、あのような表現となりました。

しかし、伝わらないということは、もっと表現を工夫すべきですね。もう少し考えてみます!

点数: 2

添削のお礼として、南風の記憶さんの俳句の感想を書いてください >>

「雪解やピアニシモからフォルテシモ」の批評

回答者 南風の記憶

句の評価:
★★★★★

いなだはまち様、「冬眠」の複数人選おめでとうございます!

昨日の「PK」の句について、ご指摘ありがとうございます。あれは完全に、私の勉強不足でした(汗)。もう一度季語の本意を確かめた上、再チャレンジします(私、時々こういう凡ミスをやらかしがちです。ご容赦を……)。

点数: 1

添削のお礼として、南風の記憶さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

小流れにクレソンの芽の伸び始む

作者名 喜子 回答数 : 4

投稿日時:

舗道に雨銀杏落葉の亡骸や

作者名 イサク 回答数 : 5

投稿日時:

彼岸西風ねこと私はだんごむし

作者名 鳥越暁 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『雪解やピアニシモからフォルテシモ』 作者: いなだはまち
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ