俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

お詫び

作者 南風の記憶  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

 こんばんは。私の不用意な発言で慈雨様に迷惑をかけてしまい、大変申し訳ありません。すべての責任は、ルールを把握していなかった私にあります。批判は私のこの投稿のコメント欄にお願い致します。
 無知な発言で、サイトを騒がせてしまったこと、改めてお詫び致します。

 またこの投稿をもって、このサイトの利用を終了することにします。別にこの件があったからではなく、旧知の方がサイトからいなくなっており何となく居づらかったのと、文字だけのやり取りだとニュアンスが伝わらないことが多く、コミュニケーションの難しさを感じていたからです。これは皆様のせいではなく、私自身の力量不足によるものです。

 短い期間でしたが、お世話になりました。皆様の今後の発展を陰ながら応援しています。

最新の添削

「お詫び」の批評

回答者 慈雨

こんにちは。
迷惑だなんてとんでもないです!評価していただいて嬉しかったですし、皆様のおかげで発表句の考え方も学ぶことができ、助かりました。
不快な気持ち等は1ミリもありませんので、どうかご心配なさらないでください。
どこかに応募する時に良い句を作れるよう、精進したいと思います☆
また交流させていただける時を楽しみにしております。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、慈雨さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「お詫び」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

こんにちわ(はじめまして?)
騒ぎではないし、特に批判でもないです。決して悪意のある助言ではないのは明らかですし。
あらためて、慣習や発表句の考え方を道場のメンバーが知れる良い機会になったのではないでしょうか?

点数: 4

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

白菜の塩され石に耐へにけり

作者名 佐渡 回答数 : 2

投稿日時:

手土産の梨食らう友しゃくしゃくと

作者名 卯筒 回答数 : 1

投稿日時:

新涼や墨の匂へる十畳間

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『お詫び』 作者: 南風の記憶
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ