俳句添削道場(投句と批評)

ひろせならありすさんの添削最新の投稿順に並んでいます

「亀なくや行くべきか行かざるべきか」の批評

回答者 ひろせならありす

添削した俳句: 亀なくや行くべきか行かざるべきか

悩んで一句、中止で一句
生活の中に句がある感じですごいですね!
亀なくやの季語もうまく合っていると思います。どう使うんだ?とポケット歳時期みて思っていました。
好奇心でYouTubeを探したら、亀の鳴き声聞けました笑笑 亀の種類が違えば声も違ってます!

プランターがわりの発泡スチロールは、生活の知恵ですね。

点数: 0

「春禽の鳴き声届く天守まで」の批評

回答者 ひろせならありす

添削した俳句: 春禽の鳴き声届く天守まで

鳶でしょうか 春の空を仕切りに高鳴いて飛ぶ鳥のよく響く声。天守がスケール感を出して晴々とした句ですね

路地裏の句にコメントありがとうございます。
短歌とちがい 俳句では ゃょゅは一文字に数えるんですよね。音で行けばひとまとまりなんですが。
文字内に収まる言葉に起き変えてみたのですが、あえて字余りのまま出しました。確信犯でございます(*^^*)
もう少し勉強してみますね。

点数: 0

「火加減をみつつ蕗みそ味見加減」の批評

回答者 ひろせならありす

添削した俳句: 火加減をみつつ蕗みそ味見加減

蕗味噌いいですね。
作りたくなりました。

蕗味噌や火加減みては味見して
火加減見るとついつい味見しちゃうわー と言う感じで(*^▽^*)

火加減をみつつ蕗味噌味加減

単純に味見加減を味加減として 字余りをなくしました。

美味しい季節感、嬉しいですね‼️

点数: 1

絵馬ゆらす風飛梅の香りして

回答者 ひろせならありす

添削した俳句: 飛梅をぬけゆく風や絵馬ゆする

太宰府天満宮、今頃飛梅も梅林も馥郁たる香りに包まれていることでしょうね!
あるじ道真を慕って空を飛んで来た梅だけに
霊験あらたかな感じがします。
逆の視線にしてみました。

点数: 2

舟唄のふるさと最上水温む

回答者 ひろせならありす

添削した俳句: 舟唄の発祥最上川の水温む

安藤さま こんにちは はじめまして
ひろせならありすと申します。
舟唄は最上川が発祥なのですね。
五月雨を集めて早し最上川から、早い流れを息を合わせて乗り切るための歌だったのかなと想像します。

阿部さんが歌いたいことを省かないように考えて、このようにしてみましたがいかがでしょう?

最上 で水温み とすれば最上川は伝わるはず、と思い込んでの省略です。

点数: 0

ひろせならありすさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

薄氷踏みて久女の句碑仰ぐ

回答数 : 10

投稿日時:

路地裏の戸ごとに葱のひょろひょろと

回答数 : 4

投稿日時:

水仙の毒のようなり友の口

回答数 : 5

投稿日時:

医療費の申告の列春寒し

回答数 : 2

投稿日時:

受験子の寝顔撫でたしこの眉間

回答数 : 2

投稿日時:

ひろせならありすさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

怪力や地表持ち上げ霜柱

作者名 野のだマチ 回答数 : 0

投稿日時:

要望:厳しくしてください

画眉鳥のひとり舞台や初夏の庭

作者名 たんせき 回答数 : 5

投稿日時:

油跳ねで火傷母にも僕にも

作者名 柳瀬竜郎 回答数 : 0

投稿日時:

要望:厳しくしてください

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ