俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

受験子の寝顔撫でたしこの眉間

作者 ひろせならありす  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

母として子を思う心は溢れすぎてあまりうまくよめないものですね。
○時に起こしてと頼まれて部屋にいくと、幼い頃のあどけなさが探せないほど厳しい顔をして寝ていました。何をしてやることもできない親の気持ちです。

最新の添削

「受験子の寝顔撫でたしこの眉間」の批評

回答者 平果

心が温かくなるような句ですね。

コメントに書かれている「○時に起こしてと頼まれて部屋にいく」というシチュエーションが、実にいいと思います。受験生がいるからこそ捉えられる場面ですね。

「幼い頃のあどけなさが探せないほど厳しい顔をして寝ていました」については、実は反対のものが頭に浮かんでいました。すなわち、いつまでも小さいままだと思っていたのに受験生となって普段から厳しい表情をしているが、ふと寝入った顔を見ると、小さかったあの頃と何ら変わらない、というように、懐かしさと共に子供の顔を眺める親の姿を感得していました。

受験子もあの日の顔で眠りをり

駄句ですが御笑納いただければ幸いです。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、平果さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「受験子の寝顔撫でたしこの眉間」の批評

回答者 豆柴

句の評価:
★★★★★

添削ありがとうございました
誤変換でしたね失礼しました
ひろせならありすさんの俳句を拝読しました。
発想が良くて、スゴイなと思いました!

点数: 1

添削のお礼として、豆柴さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

新藁を積む指の香もあたらしく

作者名 げばげば 回答数 : 3

投稿日時:

穭田のなかをことこと一輌車

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

人間万事塞翁が馬螽斯

作者名 かぬまっこ 回答数 : 17

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『受験子の寝顔撫でたしこの眉間』 作者: ひろせならありす
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ