俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

舟唄の発祥最上川の水温む

作者 安藤桂華  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

毎日、最上川を見て通勤しています。今は山峡の水が混ざり濁りありますが、緩かな流れです。

最新の添削

舟唄のふるさと最上水温む

回答者 ひろせならありす

安藤さま こんにちは はじめまして
ひろせならありすと申します。
舟唄は最上川が発祥なのですね。
五月雨を集めて早し最上川から、早い流れを息を合わせて乗り切るための歌だったのかなと想像します。

阿部さんが歌いたいことを省かないように考えて、このようにしてみましたがいかがでしょう?

最上 で水温み とすれば最上川は伝わるはず、と思い込んでの省略です。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、ひろせならありすさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

舟唄の発祥の川水温む

回答者 かぬまっこ

句の評価:
★★★★★

今日は👋😃
はじめましてかぬまっこと申します。舟唄の発祥は最上川なのですか。知りませんでした。
五七五のリズムに整えてみました。
しかしながら、川と水温むが少し近いのが気になります。

点数: 0

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

城一つ雲に浮かべて秋の空

作者名 ダック 回答数 : 3

投稿日時:

春霞ぽつと月浮く西の原

作者名 吉田一音 回答数 : 6

投稿日時:

大寒や俳句詠む年詠まぬ年

作者名 あらちゃん 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『舟唄の発祥最上川の水温む』 作者: 安藤桂華
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ