俳句添削道場(投句と批評)

すがりとおるさんの添削得点の高い順に並んでいます

「雑踏の明暗別つ聖夜かな」の批評

回答者 すがりとおる

添削した俳句: 雑踏の明暗別つ聖夜かな

初めまして!腹胃荘さん。添削ありがとうございます!
添削句の方がヴィヴィトでいいですね。
俳句を始めて半年なので分からない事が多いです。
これからもご指導のほどよろしくお願いします!

点数: 2

「寒朝の空を満月穿ちけり」の批評

回答者 すがりとおる

添削した俳句: 寒朝の空を満月穿ちけり

故吉行淳之介の詩的な小説タイトルに「星と月とは空の穴」というのがありますが、それを俳句的に昇華させるとこんな素敵な句になるのですね。

点数: 2

「雪の朝フロントガラス達磨の絵」の批評

回答者 すがりとおる

添削した俳句: 雪の朝フロントガラス達磨の絵

初めまして、西村敏彦と申します。俳句講座に通い始めて半年の俳句初心者です。
どうぞよろしくお願い致します。

井上ひさしは「むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく、おもしろいことをまじめに、まじめなことをゆかいに、そしてゆかいなことはあくまでゆかいに」表現することを勧めました。

しかし、俳句の場合17音しかないので、表意文字である漢字を使った四文字熟語などを使えばより広い世界を表現できます。自分の近作に「不定愁訴」という言葉を使いましたが、読み手の方にイメージを広げてもらいやすい(辞書で調べる必要はあるまもしれません)と思います。
あと「漢字で宛てられる場合は漢字を使うのが原則だ」と講座の先生に習いました。たとえばタンポポは「蒲公英」という具合に。。。あなたのこの句であれば「達磨=だるま」のように。。。

小林一茶みたいな、ひらがなの多い俳句に自分は憧れますが、うまく作れません。

点数: 2

「入道雲少年棒を持ちたがる」の批評

回答者 すがりとおる

添削した俳句: 入道雲少年棒を持ちたがる

かぬまっこさん、こんにちは!
いつも御批評・添削ありがとうございます。

ところで、NHK俳句大賞句を添削批評の投句欄に書き入れるのはマズイんじゃないですか?コメント欄ならOKだろうと、私的には思いますが、、、

点数: 2

すがりとおるさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

そこひ女の目脂に透くる虹二重

回答数 : 0

投稿日時:

アオザイに透けるピアスや夏灯

回答数 : 2

投稿日時:

極東の地下名画座で昼寝覚

回答数 : 1

投稿日時:

子等つれて聖書売なる白日傘

回答数 : 2

投稿日時:

男滝はも滝夜叉姫も花かかぐ

回答数 : 3

投稿日時:

すがりとおるさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

ビル風の突然さらふ夏帽子

作者名 ちゃあき 回答数 : 2

投稿日時:

初暦吾子の入試日しるしたり

作者名 ヒロちゃん 回答数 : 2

投稿日時:

姉妹と春分の日の湯呑み

作者名 かぬまっこ 回答数 : 0

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ