俳句添削道場(投句と批評)

紀州鰹節さんの添削最新の投稿順の4ページ目

「なにもかも口でたしかむチューリップ」の批評

回答者 紀州鰹節

添削した俳句: なにもかも口でたしかむチューリップ

「もういいかい」の句にコメントありがとうございます。助詞「も」が具体的に何が問題なのでしょうか?掲句ではお孫さんは見えないですよ。句意にそえば孫と言う字は書かないとわからないと思います。初孫の口から覗くチューリップではどうでしょうか?

点数: 0

「初蝶のひらりひらりと通せんぼ」の批評

回答者 紀州鰹節

添削した俳句: 初蝶のひらりひらりと通せんぼ

揚花火に句にコメントありがとうございました。この句は以前、某句座に投句したものですが高評価を得ました。流石、葱坊主様です。掲句は幼子と蝶が畑で戯れている景が見えます。通せんぼなので、のたりのたりも合うのかなと思いました。

点数: 1

「黄蝶白蝶ダンスする畑ありて」の批評

回答者 紀州鰹節

添削した俳句: 黄蝶白蝶ダンスする畑ありて

千日草さん、こんばんは。面白い句ですね。黄蝶、白蝶で季重なりにはならないのでしょうか?
黄と白の蝶のダンスの畑ありてではどうですか?

点数: 2

「弁当をぶら下げ蜂のピクニック」の批評

回答者 紀州鰹節

添削した俳句: 弁当をぶら下げ蜂のピクニック

鳥越様、短夜の句にコメントありがとう御座いました。拙句は明日に全身麻酔の大手術を控えて眠れない夜を明かしたというものです。掲句はほのぼのとして良い句だと思いました。
弁当を背負ひ蜂もピクニックとしても面白いかな?と思いました。

点数: 1

紀州鰹節さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

白無垢のペチュニア最期の黙礼

回答数 : 3

投稿日時:

ベロ藍を衝く銃口や運動会

回答数 : 3

投稿日時:

秋の灯やにいにいを追ふペダルの音

回答数 : 5

投稿日時:

静けさにむべやはらかに栗の落つ

回答数 : 4

投稿日時:

土塊に鈍きをと入れ冬田打つ

回答数 : 2

投稿日時:

紀州鰹節さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

雪吊りの松ならびたる陣屋市

作者名 卯筒 回答数 : 0

投稿日時:

夏のほかお化け屋敷の名演技

作者名 めいしゅうの妻 回答数 : 2

投稿日時:

深夜書きし恋文を読む朝の冷え

作者名 丼上秋葵 回答数 : 1

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ