俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

初蝶のひらりひらりと通せんぼ

作者 かこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

表記間違いです。すみません。

最新の添削

「初蝶のひらりひらりと通せんぼ」の批評

回答者 エイジちゃん

こんばんは。
「春彼岸」の句のご指摘と添削、誠にありがとうございます。ご返事が遅くなりまして、申し訳ありません。

褒めていただき、たいへん嬉しいです。
季語はたいへんあやしげなのですが、私はこの駄句が大好きなんです。要するに、自分のための俳句なのだと思います。

返歌をお送りする際、指定するあなた様の句を間違えまして、申し訳ありませんでした。

これからも宜しくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、エイジちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「初蝶のひらりひらりと通せんぼ」の批評

回答者 鳥越暁

拙句「弁当を・・・」への添削ありがとうございます。蜂「も」などの助詞の使い方、なるほどです。「ピクニック」と「弁当」で近すぎたと悔いております。

揚句について
葱坊主さんらしい情景を切り取った句ですね。何回も声に出して拝読してみますと、
ひらりひらり「の」通せんぼとされた方が動きの継続感というか、うまく表現できませんが、良いのかな、なんて思ったりしました。

点数: 2

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

「初蝶のひらりひらりと通せんぼ」の批評

回答者 耳目

こんばんは、耳目です。

こちらのお句ですが、一物仕立てなので季語が動くことはありません。
それよりも「通せんぼ」はさすがに幼い表現化と思いました。
座五を再考されてはいかがでしょうか?
僕の案では「歩を封ず」「触れ難く」こんなところでしょうか?

点数: 1

添削のお礼として、耳目さんの俳句の感想を書いてください >>

「初蝶のひらりひらりと通せんぼ」の批評

回答者 04422

葱坊主様おはようございます。千日草です。蝶の句添削句ありがとうございました。
紀州鰹節様から黄蝶・白蝶で季重なりにならないかの指摘受けましたがどうでしょうか?
リズム感のある句に変貌しました。
揚句も同じように蝶を詠んだ句ですがリズム感があり生き生きとしています。

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

「初蝶のひらりひらりと通せんぼ」の批評

回答者 まちる

園庭の、、、への添削ありがとうございます。
仰る通りで入園式を入れたかったのですが季重なりで躊躇ってしまい、状況を伝えきれないだろうなと悩んでました。
見透かされているようで驚きました。季重なりですが、やはり入園式と明記した方がいいですね。また、柱に縛るでなく堅く縛るとの表現がお見事です。
ありがとうございました。

点数: 1

添削のお礼として、まちるさんの俳句の感想を書いてください >>

「初蝶のひらりひらりと通せんぼ」の批評

回答者 紀州鰹節

揚花火に句にコメントありがとうございました。この句は以前、某句座に投句したものですが高評価を得ました。流石、葱坊主様です。掲句は幼子と蝶が畑で戯れている景が見えます。通せんぼなので、のたりのたりも合うのかなと思いました。

点数: 1

添削のお礼として、紀州鰹節さんの俳句の感想を書いてください >>

「初蝶のひらりひらりと通せんぼ」の批評

回答者 04422

葱坊主様、ありがとうございます。褒められて嬉しいです。葱坊主様の通りですが。行く春を初夏と詠んで良いのか迷っていましたので…。

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

「初蝶のひらりひらりと通せんぼ」の批評

回答者 鳥越暁

拙句「庭先の・・・・」への添削句ありがとうございます。
私は擬人化が下手で、挑戦するのですが上手くいきません。でも「添削」道場なので、懲りずに投句しようと思っています。
今後ともよろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

「初蝶のひらりひらりと通せんぼ」の批評

回答者 まちる

友人へ、、、へコメントありがとうございます。
好きと言って頂きとても嬉しいです。
「友人へ」を「ともだちへ」として幼い感じを出すとか、「肩の蜂」より「肩に蜂」の方が俳句ぽいかなとか思ってました。

点数: 1

添削のお礼として、まちるさんの俳句の感想を書いてください >>

「初蝶のひらりひらりと通せんぼ」の批評

回答者 04422

葱坊主様おはようございます。
拙句にコメントありがとうございました。
花水木綺麗な言葉ですね。牡丹の花の膨らみが大きくなりましたが、又、季節が逆戻りしそうな週の後半です…。

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

烈日やジョックロックの拍の音

作者名 IZMIN 回答数 : 0

投稿日時:

風鈴の鳴りや乾杯音ごとし

作者名 胡 秋興 回答数 : 0

投稿日時:

わかつてる分かってるけど破れ蓮

作者名 ケント 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『初蝶のひらりひらりと通せんぼ』 作者: かこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ