俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

白無垢のペチュニア最期の黙礼

作者 紀州鰹節  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

嫁ぐ日の花嫁のさりげない行動。破調の句ですが…

最新の添削

白無垢の石楠花静か頭下げ

回答者 森本可南

こんにちは。紀州さん。
ペチュニアは、小さくて、パラソルの形をした、けして、イメージ的に、花嫁に適しているとは、いえません。なんか、うるさそうな名前ですし。
厳かな雰囲気をだすなら、石楠花のほうがいいと思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「白無垢のペチュニア最期の黙礼」の批評

回答者 鳥越暁

こんばんは。
新婦の佇まいがよく伝わる句だと思います。
音読すると私には破調が少し気になりましたが、私自身が破調になれていないからかもしれません。

拙句「缶けり・・・」へのコメントありがとうございます。
お褒めいただき恐縮です。嬉しいです。
いただいた添削句で表現の多様性を気づかせていただきました。ありがとうございます。

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

「白無垢のペチュニア最期の黙礼」の批評

回答者 04422

こんにちは!
コメントありがとうございます。言われるように全く面白味のない句です。自分でも恥ずかしい限りです。
◆花火音や藻川の鯉の尾の跳ぬる
実際に見た景です。どうでしょうか?
揚句五・七・五にまとめた方がリズム感を持ち花嫁のお別れの様子が伝わると思いますが・・・
◆白無垢のペチュニア静と頭下げ
静⇒しず。頭⇒こうべ 
どうでしょうか?

点数: 0

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

炎熱に時待ちわびる桟敷席

作者名 阿波阿呆 回答数 : 3

投稿日時:

秋星や任せておけとカルビ焼き

作者名 友也 回答数 : 1

投稿日時:

梅雨夕焼け血浴ぶ桜のエンブレム

作者名 つちや郷里 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『白無垢のペチュニア最期の黙礼』 作者: 紀州鰹節
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ