俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

なにもかも口でたしかむチューリップ

作者 かぬまっこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

連休に娘が6ヶ月の初孫を連れて泊まりにきました。
何でも口にもっていって口で確かめようとする赤ちゃんの様子を詠みました✨
「口で」の「で」が少し気になりますが、どうでしょうか❔

かぬまっこは、しもべのやうに動いています✨✨🎵(*^^*)🎶👌

最新の添削

「なにもかも口でたしかむチューリップ」の批評

回答者 まちる

赤ちゃんの描写だったんですね
なるほどです
チューリップからの連想ゲームで色々考えてからコメントみましたが、そこが答えでしたか。
赤ちゃんの何でも口に入れる行動は怖くもあり面白くもあり可愛いですよね。

点数: 0

添削のお礼として、まちるさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「なにもかも口でたしかむチューリップ」の批評

回答者 ともまる

お孫さんのことだったんですね^_^
ちょっと色気のある句かとも思ってしまいました。

先程の息子の句は、連休が季語になるかと考えましたが、足りませんね、、、

鳥の巣ともかけてみましたが、足りませんね、、、

添削いつもありがとうございます😊

点数: 0

添削のお礼として、ともまるさんの俳句の感想を書いてください >>

「なにもかも口でたしかむチューリップ」の批評

回答者 紀州鰹節

「もういいかい」の句にコメントありがとうございます。助詞「も」が具体的に何が問題なのでしょうか?掲句ではお孫さんは見えないですよ。句意にそえば孫と言う字は書かないとわからないと思います。初孫の口から覗くチューリップではどうでしょうか?

点数: 0

添削のお礼として、紀州鰹節さんの俳句の感想を書いてください >>

「なにもかも口でたしかむチューリップ」の批評

回答者 鳥越暁

私は小さなお子さんのことだろうなと読みました。あえて「子」と書かずに想像できますね。親ならばみな経験することですので共感得られます。
◆なにもかも含みたがるやチューリップ
とか駄目でしょうか。含むの方が柔らかい気がいたします。

点数: 0

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

「なにもかも口でたしかむチューリップ」の批評

回答者 鳥越暁

拙句「白き藤・・・」へのコメントありがとうございます。
仰る通り「サ行」はむつかしいです。幾つか解説を読んでみましたが、いまいち理解できていません。使うのは怖いのですが想いきってつかって指摘されて学んでいこうかと思っています。揚句の助詞についても若干同様な私です。

点数: 0

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

「なにもかも口でたしかむチューリップ」の批評

回答者 鳥越暁

拙句「黄金週間・・・」への添削御礼
やはり分かりやすく添削句のようにすべきでしたか。分かりやすさと個性的な表現とで迷うことしばしばです。ご指摘いただくということは、失敗しているということですね。
帰省を詠んだ句で「母」とか「おふくろの味」的な句は類想多いですね。あえて挑んでみて失敗したようです。

点数: 0

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

野の草を撫でて照り映ゆ花薄

作者名 三男 回答数 : 4

投稿日時:

秋深く裸身の磨く便器かな

作者名 いなだはまち 回答数 : 3

投稿日時:

さわがしき零時の子らよ年迎ふ

作者名 イサク 回答数 : 11

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『なにもかも口でたしかむチューリップ』 作者: かぬまっこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ