俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

土塊に鈍きをと入れ冬田打つ

作者 紀州鰹節  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

グサッと

最新の添削

冬田打つ土塊に鈍き音残し

回答者 イサク

こんばんは。

田打ちそのものは春の季語で、実際に田起こしは春の作業と小学校で習った気がしますが、冬田打ちは何がちがうんでしょう?おそらく雪国では冬にはやらない作業なのでしょうけれど。
上の句は「どかい」と読んで中七音です。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

火の山の今は静かに雲の峰

作者名 久田しげき 回答数 : 5

投稿日時:

朝帰り冬青空はよそよそし

作者名 げばげば 回答数 : 4

投稿日時:

砂時計の砂落つるごと徂春かな

作者名 たーとるQ 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『土塊に鈍きをと入れ冬田打つ』 作者: 紀州鰹節
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ