俳句添削道場(投句と批評)

紀州鰹節さんの添削最新の投稿順の2ページ目

「晩秋の堆肥のにほふ夕べかな」の批評

回答者 紀州鰹節

添削した俳句: 晩秋の堆肥のにほふ夕べかな

げばげばさん、初めまして紀州です。
にいにいの句にコメントありがとう御座います。
添削句に於いて音を「ね」と読むと秋灯では下4となります。「秋灯す」とする必要がありそうです。
佳句はどのように匂うのか書けばもっと良くなると思います。

点数: 1

冬の田や忘れ置かれし錆の鎌

回答者 紀州鰹節

添削した俳句: 冬の田に忘れ置かれし鎌の鯖

「に」は説明的な感じがしたので「や」で切りました。
鎌の錆の方がいいのか錆の鎌の方がいいのか微妙。

点数: 1

「冬だより父に見せたい孫の顔」の批評

回答者 紀州鰹節

添削した俳句: 冬だより父に見せたい孫の顔

コメントありがとうございます。
むべは古語です。古語辞典にあると思います。
うべと同意語です。
簡単に言えば「本当に」という意味になるかと。
ご参考までに。

点数: 1

再会の飛ばす階段盆の駅

回答者 紀州鰹節

添削した俳句: 再会の一段飛ばし盆の駅

階段という語は必須のような気がします。

点数: 0

紀州鰹節さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

白無垢のペチュニア最期の黙礼

回答数 : 3

投稿日時:

ベロ藍を衝く銃口や運動会

回答数 : 3

投稿日時:

秋の灯やにいにいを追ふペダルの音

回答数 : 5

投稿日時:

静けさにむべやはらかに栗の落つ

回答数 : 4

投稿日時:

土塊に鈍きをと入れ冬田打つ

回答数 : 2

投稿日時:

紀州鰹節さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

膝掛をして弾くショパンのワルツかな

作者名 かぬまっこ 回答数 : 20

投稿日時:

おもたせの中身は知らぬ春の夕

作者名 幸福来々 回答数 : 2

投稿日時:

要望:厳しくしてください

夏休みキャンペーン引く蔵もなし

作者名 胡 秋興 回答数 : 0

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ