俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

冬の田に忘れ置かれし鎌の鯖

作者 鳥越暁  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

今朝の散歩から一句

最新の添削

冬枯る田に忘れ鎌の錆赤き

回答者 近江

御句拝読いたしました。
冬の田の寒々しい感じにさらに錆びた鎌の
景が浮かびます。

冬の田に鎌の錆びと言えば置き忘れに違いない。
「鎌の錆」に重点を置くなら
錆の色や状態によって時の経過などを伝えることが出来る

錆赤き忘れ鎌田に冬枯る

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、近江さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「冬の田に忘れ置かれし鎌の鯖」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

鳥越暁さま
「霜の庭」のご鑑賞、、ありがとうございます。励みになります。
御句、、、「鯖」→「錆」でしょうか?何気ない日常を捉えた一句と存じます。
「鎌に錆」「錆の鎌」、、、助詞と語順を変えると趣向も変わりますね。私的には
「錆の鎌」が映像としてストンと落ちるのですが、、、。正解は実景を詠まれた鳥越さまでしょう。

点数: 1

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

「冬の田に忘れ置かれし鎌の鯖」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

鳥越さん、こんにちは。
御句読ませて頂きました。

鯖…??ひとまずここは誤字である事を信じ、「錆」としておきます。
原句の助詞だけイジるとするなら、
「冬の田の忘れ置かれし鎌に錆び」
送り仮名もつけて、自分だったらこうします。

「置かれし」というのもやや説明的な感じがしました。
少し措辞をいじりつつ語順を入れ替え、

「置き去りの鎌に錆び生す冬田かな」
としてみました。
近景→遠景の造りとし、冬田の光景が読後に残るような感じで、いかがでしょうか。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

木漏れ日も避けたい足や暑気払い

作者名 孫春艶 回答数 : 0

投稿日時:

投げ捨てて終わりにしよう赤い薔薇

作者名 イサク 回答数 : 18

投稿日時:

賑わいに玻璃も曇りしおでん酒

作者名 卯筒 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『冬の田に忘れ置かれし鎌の鯖』 作者: 鳥越暁
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ