俳句添削道場(投句と批評)

井上れんげさんの添削最新の投稿順の4ページ目

「炎天やきりんの角のさき焦がし」の批評

回答者 井上れんげ

添削した俳句: 炎天やきりんの角のさき焦がし

デイサービスの句の添削有難うございました。デイサービスの内覧会は新しいデイサービスが開業前に、中の様子を見せてくれる会です。新規オープンだから明るくて勢いもあって良いと思って取り合わせましたが、全く一般的でない言葉だったんですね。びっくりしました。

きりんの句は楽しくて好きです。炎天ときりんの取り合わせも、きりんがもともと暑いところの動物なので合っていると思います。焦がしにちょっと違和感があります。焦がすというニュアンスが炎天という季語に含まれているからでしょうか。うまく説明ができずにごめんなさい。例句は作れませんが私もこま爺さんの角の様子を描写するに同意見です。

点数: 1

「ひまわりや飛行機雲の薄れゆく」の批評

回答者 井上れんげ

添削した俳句: ひまわりや飛行機雲の薄れゆく

度々ごめんなさい。「うすれゆく」ではなく「薄れゆく」ですね。
ここが、描写になっていて良いと思いました。
向日葵をひらがなにしたのはこの雲の雰囲気を出しているのでしょうか?
優しくてしみじみする句です。

点数: 2

「向日葵や灼ける陽に耐え何想う」の批評

回答者 井上れんげ

添削した俳句: 向日葵や灼ける陽に耐え何想う

季重なりについてですが私もうっかりやる時があります。なるべく防ぐためにしていることは俳句を作ったら、
①句を単語に分ける
歳時記の索引でそれぞれの言葉が季語になっていないか確認する
俳句は短いので単語と言っても3つか4つです。
すぐできます。
すぐできるのに確認忘れて投句したり、確認しても見落としていたりするのであまり偉そうなことは言えませんが良かったらやってみてください。
索引は新年の歳時記を買うと乗っています。これを見つけたとき嬉しかったです。

指摘事項: 季重なり

点数: 1

「ゆっくりと雲流れをり夏惜しむ」の批評

回答者 井上れんげ

添削した俳句: ゆっくりと雲流れをり夏惜しむ

向日葵の句にコメントありがとうございます。
私も俳ポは入門コースです。
俳ポは選が難しく苦労しています。
よろしくお願いします。

句について、私もこういう景を詠みたいけれどなかなか形に出来なくて・・・勉強になります。

点数: 2

井上れんげさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

豆まきの始終を眠る赤子かな

回答数 : 7

投稿日時:

げんこつのごとき馬鈴薯福々し

回答数 : 1

投稿日時:

福助の玉の耳たぶ春来る

回答数 : 0

投稿日時:

髪の毛の絡む石鹸我鬼忌かな

回答数 : 3

投稿日時:

作業着の夫へ焼きたてなる秋刀魚

回答数 : 5

投稿日時:

井上れんげさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

名月や吾一人起くる夜行バス

作者名 卓鐘 回答数 : 8

投稿日時:

ひと枝にひとかたまりや寒雀

作者名 あらちゃん 回答数 : 5

投稿日時:

草木の茂りに響く水の音

作者名 鰐渕颯 回答数 : 2

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ