俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

豆まきの始終を眠る赤子かな

作者 井上れんげ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

近所の神社の節分会に行ったら、神事も獅子舞も、豆まきで大賑わいの時間もずっと寝ている赤ちゃんがいたので、読みました。

最新の添削

「豆まきの始終を眠る赤子かな」の批評

回答者 なおじい

井上れんげさん、こんにちは。お久しぶりです。
御句拝読しました。上手い句だなと思いました。
さすがと思いながら、他の皆さんのご提案句も興味深く拝読しました。
私は別にいいか、と思っていましたが、もんなさんの「豆まきや」を読んで、私も提案したくなりました。

・豆まきや赤子の始終眠りをり

ただ、これですと、厳密には、「赤子は豆まきのたびにいつも寝てしまう」、という意味になるようです。
ちょっと違いますよね。

「始終」は、あらちゃんさんがおっしゃっていますが、「を」を付けると「始めから終わりまでの全部」のことを指し、「ずっと変わらず」という意味ではないようです。
付けない場合でも、始終は「いつも」という意味になるようで、
句意のように豆まきの最初から最後までずっと寝ていた、という状態の継続「ずっと」を表すには、「終始」のほうが適しているようです。

・豆まきや赤子の終始眠りをり

細かいことをグジグジ申し上げてすみませんです。よろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「豆まきの始終を眠る赤子かな」の批評

回答者 もんこ

句の評価:
★★★★★

井上れんげさま
はじめまして?でしょうか?
もんなと申します。宜しくお願い致します。

御句拝読しました。
伝統の行事、豆まきに参加している母子が浮かびました。
赤ちゃんは母親の背中で安心して眠っている。平和な時間ですね!

・豆まきや眠り続ける背の赤子

宜しくお願い致します。

点数: 3

添削のお礼として、もんこさんの俳句の感想を書いてください >>

「豆まきの始終を眠る赤子かな」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

井上れんげ様 こんばんは
お世話になります。
御句
赤ちゃんは寝る時は騒がしい時でもわれ我関せずかもしれませんね。
下手なり提案させてください。
豆まきの喧騒に眠る赤子かな
よろしくお願いいたします。
追伸
季語手帖特選おめでとうございます。

点数: 0

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「豆まきの始終を眠る赤子かな」の批評

回答者 めい

句の評価:
★★★★★

井上れんげ様。こんばんは。
赤ちゃんて、首を仰向けに倒して寝てるのよく、見かけます。首痛くないんかな?首をくねらせて寝ている様子を詠みました。
また、宜しくお願いいたします。

▪豆まきのくの字に曲がる赤子かな

点数: 0

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

「豆まきの始終を眠る赤子かな」の批評

回答者 もんこ

句の評価:
★★★★★

井上れんげさま
はじめまして?でしょうか?
もんなと申します。宜しくお願い致します。

御句拝読しました。
伝統の行事、豆まきに参加している母子が浮かびました。
赤ちゃんは母親の背中で安心して眠っている。平和な時間ですね!

・豆まきや眠り続ける背の赤子

宜しくお願い致します。

点数: 0

添削のお礼として、もんこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

秋の夜星座覚えしスマホにて

作者名 中村あつこ 回答数 : 0

投稿日時:

フェンス沿いに並んでください大晦日

作者名 イサク 回答数 : 6

投稿日時:

秋月夜えほん枕に夢の中

作者名 KMRAK 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『豆まきの始終を眠る赤子かな』 作者: 井上れんげ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ