俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

向日葵や灼ける陽に耐え何想う

作者 秋恵  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

今年の連日の猛暑に 
流石の向日葵も
驚愕してるのでは…*
  (;゚д゚)

最新の添削

「向日葵や灼ける陽に耐え何想う」の批評

回答者 井上れんげ

季重なりについてですが私もうっかりやる時があります。なるべく防ぐためにしていることは俳句を作ったら、
①句を単語に分ける
歳時記の索引でそれぞれの言葉が季語になっていないか確認する
俳句は短いので単語と言っても3つか4つです。
すぐできます。
すぐできるのに確認忘れて投句したり、確認しても見落としていたりするのであまり偉そうなことは言えませんが良かったらやってみてください。
索引は新年の歳時記を買うと乗っています。これを見つけたとき嬉しかったです。

指摘事項: 季重なり

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、井上れんげさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「向日葵や灼ける陽に耐え何想う」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

里衣さん、こんにちは。
御句拝読しました。まったく毎日暑い日が続いてますね。この時季の植物、特に美しく咲く向日葵、百日紅あるいは夾竹桃などは熱中症にならないのかと心配しますよ。もっとも、彼らは彼らなりの工夫があるのでしょうね。

さて御句ですが、ご自身でもおっしゃっていましたが、花の名前をその様子とともに詠み込む傾向があるために説明調あるいは季重なりになりやすいとのこと、本句もそうなっているようですね。
ひまわりは灼けるような暑さに耐えてお日さまに向かって毅然と立つさまに風情があり、それはすでに向日葵という季語に含まれていると思います。また、「灼ける」も夏の季語だと思われます。

季語の向日葵を置いたら、そこからちょっと離れて、周りをぐるっと見て、見えたものを合わせて詠む、こんなのもありかと思っています。

・向日葵や火傷しそうな三輪車

しかし私はこういう作り方は苦手で今までやったことがなく勉強中ですので、ほかの方々のご意見を聞いてくださいね。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

西瓜食むじゃりと音する海の砂

作者名 よし造 回答数 : 3

投稿日時:

ランクとは吾思考した時の数

作者名 森本可南 回答数 : 5

投稿日時:

春嵐飛ばんと騒ぐ風見鶏

作者名 鳥越暁 回答数 : 9

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『向日葵や灼ける陽に耐え何想う』 作者: 秋恵
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ