俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ゆっくりと雲流れをり夏惜しむ

作者 葉月庵郁斗  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

某句会に投句するつもりでしたが
自選ボツ。
夏の雲は入道雲が多く風に流される
イメージがないのですが
秋も近くなるとこのような光景かなと詠みました。
げばげば様、せっかくアドバイス頂いたのに
自選ボツにしてすいません🙏
よろしくお願いいたします

最新の添削

「ゆっくりと雲流れをり夏惜しむ」の批評

回答者 中村あつこ

 こんにちは。
拙句戦死の父にコメントありがとうございます。
 私には伯父にあたる人で、私が産まれる前に亡くなりました。
 私の父は.心臓が悪くて丙種だったので、戦地には行ってません。
 非国民のように言われたけど、甲乙種の友人は皆、戦死してしまって、儂だけまだ生きとると言いながら96歳まで元気でした。この時期はこんな事ばかり思い出されます。
 御句、景色が見えるようで良いですね。ゲバ様の添削にも学ばせて頂きました。

 

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、中村あつこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「ゆっくりと雲流れをり夏惜しむ」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいております。

御句。この形で、中七をりを使うなら、私の大好き、時候+の+名詞の形に、けり、を使うのはいかがですか?

夏果ての雲はゆつくり流れけり

けり、であらためて気づいた感じ、その雲に夏果てを感じてるなら、惜しみもそこはかとなく出せそうです。

点数: 5

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「ゆっくりと雲流れをり夏惜しむ」の批評

回答者 井上れんげ(PC)

句の評価:
★★★★★

向日葵の句にコメントありがとうございます。
私も俳ポは入門コースです。
俳ポは選が難しく苦労しています。
よろしくお願いします。

句について、私もこういう景を詠みたいけれどなかなか形に出来なくて・・・勉強になります。

点数: 2

添削のお礼として、井上れんげ(PC)さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

酸っぱくて泣けた形見のミニトマト

作者名 いなだはまち 回答数 : 1

投稿日時:

滑り込み潜り込みたる炬燵かな

作者名 ささゆみ 回答数 : 3

投稿日時:

手をつなぐ彼女と彼女秋うらら

作者名 慈雨 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ゆっくりと雲流れをり夏惜しむ』 作者: 葉月庵郁斗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ