俳句添削道場(投句と批評)

文室七星さんの添削投稿の古い順の5ページ目

「花冷えのベンチにそっと文庫本」の批評

回答者 文室七星

添削した俳句: 花冷えのベンチにそっと文庫本

くまた様
こんにちは。
今はスマホを覗いている人が多いですね。
ベンチと文庫本は、よく乗換駅のベンチで文庫本を読んでいるので、共感できます。
「花冷えの」で一人でいることが見えてくるようです。

点数: 0

「スフィンクスの肌色鳥雲に入る」の批評

回答者 文室七星

添削した俳句: スフィンクスの肌色鳥雲に入る

発想からしてすごいとしか言いようがないです。
私も「スフィンクス」はあのエジプトのかと思いましたが、よくわからないので、検索をしてしまいました。
猫のことでしょうか。
かこ様の力に恐れ入るばかりです。

点数: 1

「石蕗の灰汁に染まりし祖母の指」の批評

回答者 文室七星

添削した俳句: 石蕗の灰汁に染まりし祖母の指

最初「石蕗」は俳句の世界では「冬」だったはずと思ったのですが、「灰汁」の語があるので、もしかしたら今の時期が旬の食べ物なのではないかと思い直し、調べてみたところ、3月から4月が旬の食べ物なんですね。
勉強になります。
お祖母様の指が色々と水谷に語りかけているようにも感じ、気持ちが暖かくなりました。
ありがとうございます。

点数: 1

「テレビ越しギックリ腰の花見かな」の批評

回答者 文室七星

添削した俳句: テレビ越しギックリ腰の花見かな

かこ様
耳鳴りの句でのご意見、添削ありがとうございます。
耳鳴りのことばかりに意識がいってしまい、下五字足らずになっていたことに気がつきませんでした。
初歩的なミスで恥ずかし限りです。
下五をしっかりと修正しておきます。
ありがとうございます。

ぎっくり腰はつらいですね。
くせになるそうですから、お気をつけください。
花見がボツになってしまうのも、腰の痛みを増しそうで、お見舞い申し上げます。
ネガティブなことがあっても、そのように詠むことができることに俳句の力を感じます。

点数: 1

「パスワード123の麗らかな」の批評

回答者 文室七星

添削した俳句: パスワード123の麗らかな

こま爺様
「車窓の桜」の句へのコメントありがとうございます。
昨日帰宅途中の電車の中で、「あっ桜!」と大あくびしていたら、桜が見えなくなりました。
電車は進むので、「過ぎる」や「去る」は使いにくいのかと考え、「消えにけり」といたしました。

軽妙洒脱との言葉が似合います。
御句のように詠んでみたいです。

点数: 1

文室七星さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

雛菊の神域守る白さかな

回答数 : 1

投稿日時:

散るほどに川の近くなる桜かな

回答数 : 4

投稿日時:

春深し社の鈴緒さりさりと

回答数 : 1

投稿日時:

満開の桜通りや選挙カー

回答数 : 1

投稿日時:

野菜切り刻むにほひの菜種梅雨

回答数 : 2

投稿日時:

文室七星さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

視界なき雪の小径を歩みをり

作者名 あらちゃん 回答数 : 5

投稿日時:

母の背に付かず離れず梅雨の夜

作者名 水玉麒麟 回答数 : 6

投稿日時:

暑き喪や列に作務衣の人一人

作者名 鬼胡桃 回答数 : 2

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ