俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

散るほどに川の近くなる桜かな

作者 文室七星  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

河川敷に植えてある桜の木。
花見客も多くなります。
満開の桜ですが、散っている花もチラホラと。
河川敷の桜と花見客で川が遠く感じられています。
桜が散るほどに、それは小さく数が少なくても、その分、川への距離が近くなっているように感じました。
問題は情報の多さと説明口調による詩情の欠如に繋がっているのではないかとの懸念があります。
よろしくお願いいたします。

最新の添削

「散るほどに川の近くなる桜かな」の批評

回答者 佐渡

文室七星さん!こんにちは!
いつもお世話になっております。
入学とランドセルは確かにべたですね。
ご指導ありがとうございます。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「散るほどに川の近くなる桜かな」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

おはようございます。風向明媚な場面が良いですね。

ただ、中七は字余りですね。「近くなる」は近くを強調したいというご意志だと思いますが。こういう時は類語を引き言葉の置き換えを検討するのが手っ取り早いです。「近くなる言い替え」と検索すると「近付く」が見つかります。もう一つ、近づくと言わず川に近いを表すのに「川辺」という名詞があります。

ネットで言葉を探しまくるのも楽しみの一つです。

さて、提案句ですが、
” 散るほどに人は川辺の桜かな

ネットの言葉探しを是非ともおすすめします。

長々と申し訳けありません。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

散るほどに水面近づく桜かな

回答者 式桜

句の評価:
★★★★★

はじめまして!わずかな動きを読み手に感じさせるところが素晴らしいと思いました。なかなか時を織り込む句というのが作りづらいので参考にさせていただきます。

点数: 1

添削のお礼として、式桜さんの俳句の感想を書いてください >>

散るほどに水面近づく桜かな

回答者 式桜

句の評価:
★★★★★

はじめまして!わずかな動きを読み手に感じさせるところが素晴らしいと思いました。なかなか時を織り込む句というのが作りづらいので参考にさせていただきます。

点数: 0

添削のお礼として、式桜さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

色褪せた団扇に時の偲ばるる

作者名 三男 回答数 : 1

投稿日時:

空蝉の一番下が僕なんだ

作者名 鉄道員 回答数 : 1

投稿日時:

遮断機を越えゆく風の胡蝶かな

作者名 たけたけ 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『散るほどに川の近くなる桜かな』 作者: 文室七星
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ