俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

石蕗の灰汁に染まりし祖母の指

作者 水谷  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

田舎の友人から石蕗が届きました 皮は剝いてくれてたので助かりました。子供のころ祖母と石蕗を取りに行き 皮を剥くと手が真っ黒になるのを思い出し詠みました

最新の添削

「石蕗の灰汁に染まりし祖母の指」の批評

回答者 佐渡

水谷さん!おはようございます。
いつもお世話になっております。
石蕗の花は冬の季語。ただの蕗は夏の季語。
石蕗は皮をむいて食べること出来るんですね、知りませんでした。
我が家の庭には自生の蕗があるから春には蕗の薹を摘んで食べます。それから初夏には茎と葉っぱの柔らかところを佃煮にすると美味しいです。
蕗はそれほど灰汁がでませんが、石蕗は手が黒くなるほどなんですね。
御句の
「石蕗の灰汁」は季語となるかはよく分かりませんが、
良いと思います。
これからもよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「石蕗の灰汁に染まりし祖母の指」の批評

回答者 文室七星

句の評価:
★★★★★

最初「石蕗」は俳句の世界では「冬」だったはずと思ったのですが、「灰汁」の語があるので、もしかしたら今の時期が旬の食べ物なのではないかと思い直し、調べてみたところ、3月から4月が旬の食べ物なんですね。
勉強になります。
お祖母様の指が色々と水谷に語りかけているようにも感じ、気持ちが暖かくなりました。
ありがとうございます。

点数: 1

添削のお礼として、文室七星さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

幾度も輪中の村へ夕燕

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

父復活アイスピックで刺す夢の終わり

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

パソコンの文字絵柄付き年賀状

作者名 めい 回答数 : 8

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『石蕗の灰汁に染まりし祖母の指』 作者: 水谷
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ