俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

春深し社の鈴緒さりさりと

作者 文室七星  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

近所の神社に参拝した際に鈴を下げている紐(鈴緒と言います)が捻れており、それを触って縒り戻してから参拝したのです。
「さりさり」とは本来縄を綯うときに出てくる音を表現する擬音語です(今となってはほとんど使用されていません)。
鈴緒を縒り戻す際の擬音語として使用してみました。
よろしくお願いいたします。

最新の添削

「春深し社の鈴緒さりさりと」の批評

回答者 げばげば

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。このままでもいい句ですね。鈴緒の体言止めにしてモノに焦点をあてていく語順にするかもしれませんね。たとえば、

さりさりと縒る鈴の緒や春深し

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

蛋白質足りぬ冷蔵庫の何処

作者名 根津C太 回答数 : 1

投稿日時:

侘びに愛で寂びを愛でゆく十三夜

作者名 いなだはまち 回答数 : 2

投稿日時:

五月晴吹田にキッチンカー開業

作者名 鳥田政宗 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『春深し社の鈴緒さりさりと』 作者: 文室七星
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ