俳句添削道場(投句と批評)

文室七星さんの添削投稿の古い順の10ページ目

「さりさりとあざなわれる人の禍福かな」の批評

回答者 文室七星

添削した俳句: さりさりとあざなわれる人の禍福かな

式桜様
こんにちは。
「散るほどに」の句へのコメントと添削ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

点数: 0

「一切を句の種として三月尽」の批評

回答者 文室七星

添削した俳句: 一切を句の種として三月尽

イサク様
コメントと添削ありがとうございます。
「神域」は大袈裟でした。
隅と言うよりも端っこになります。
「描写」が弱いとの大きな課題があります。
(どこも課題だらけですが)
コメントと添削を繰り返し読んで考えます。
ありがとうございます。

点数: 0

文室七星さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

雛菊の神域守る白さかな

回答数 : 1

投稿日時:

散るほどに川の近くなる桜かな

回答数 : 4

投稿日時:

春深し社の鈴緒さりさりと

回答数 : 1

投稿日時:

満開の桜通りや選挙カー

回答数 : 1

投稿日時:

野菜切り刻むにほひの菜種梅雨

回答数 : 2

投稿日時:

文室七星さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

神鶏の長鳴きしたり梅雨晴れ間

作者名 久田しげき 回答数 : 4

投稿日時:

木犀や初恋の君は健在か

作者名 おかえさき 回答数 : 6

投稿日時:

告白の浜に砂噛む春嵐

作者名 なおじい 回答数 : 22

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ