俳句添削道場(投句と批評)

Qeyさんの添削投稿の古い順の2ページ目

「餌をまつ野良猫二匹霜日和」の批評

回答者 Qey

添削した俳句: 餌をまつ野良猫二匹霜日和

冬毛でぶくぶくして見えるのにおなかすかせて人間にこびるネコチャンかわいいねええええええええええええええええ

点数: 1

「秋の灯や名付け事典のドッグイア」の批評

回答者 Qey

添削した俳句: 秋の灯や名付け事典のドッグイア

わたしは、めんどくさがりなので、あかちゃんにはそれなりななまえをつけました
なづけじてんをじっくりさんしょうするようなていねいないきかたは、わたしはできません
あきのひにおもいをはせる、じょうちょあふれるかんかくをもつかたは、句もこうどうもていねいでうつくしいですね

点数: 1

「銀杏黄葉聳え神社はあのあたり」の批評

回答者 Qey

添削した俳句: 銀杏黄葉聳え神社はあのあたり

茶碗蒸したべたくなった

点数: 1

「冬ごもり落丁のある漫画本」の批評

回答者 Qey

添削した俳句: 冬ごもり落丁のある漫画本

おれスケットダンスの落丁したページに想像で描いてTSUTAYAに返したけどバレなかった!

点数: 1

「白息の混じるたばこの煙かな」の批評

回答者 Qey

添削した俳句: 白息の混じるたばこの煙かな

わたくしもお外でたばこを吸ってみたいと思わせてくれます
おすすめの銘柄おしえて

点数: 0

Qeyさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

コメント増やしたき月冴ゆる夜かな

回答数 : 4

投稿日時:

給湯器付箋の切るな小春空

回答数 : 4

投稿日時:

別れ話は手持ち無沙汰霜踏む

回答数 : 7

投稿日時:

その他の添削依頼

梅雨明けとは休日前の夕食よ

作者名 白南風 回答数 : 6

投稿日時:

梅雨入や癖毛の朝の物語

作者名 かぬまっこ 回答数 : 3

投稿日時:

三十粁毎時制限標識花吹雪

作者名 根津C太 回答数 : 7

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ