俳句添削道場(投句と批評)

つちや郷里さんの添削最新の投稿順の6ページ目

「金魚売り路地に響いた良き時代」の批評

回答者 つちや郷里

添削した俳句: 金魚売り路地に響いた良き時代

山口雀昭さんこんにちは。
立夏の句へのコメントありがとうございました。

御句
過去のことを詠まれた句はたまにありますが、季語も過去のものになっているのは評価がわかれるところだと思います。

例えば、かつて金魚売りがいた路地に自分がいるという内容はどうでしょうか。
・『金魚屋のこゑの残れる路地にゐる』

またよろしくお願いします。

点数: 1

「ひなげしの笑う日の来て江戸美人」の批評

回答者 つちや郷里

添削した俳句: ひなげしの笑う日の来て江戸美人

こま爺さんこんにちは。
立夏の句へのコメントありがとうございます。

ヒナゲシは古代中国の王朝、秦を滅亡させた項羽の妻である虞美人の名から、虞美人草とも呼ばれる植物ですね。
それを江戸美人と取り合わせるのは面白い試みですね。

句意とは違うかもしれませんがこんなのはどうでしょう。
・『江戸美人のごとくひなげし微笑みぬ』

またよろしくお願いします。

点数: 1

「スクランブルエッグ甘くて夏に入る」の批評

回答者 つちや郷里

添削した俳句: スクランブルエッグ甘くて夏に入る

ちゃあきさんこんにちは。

御句
スクランブルエッグが甘いことと夏に入ることは何の関係もありませんが、それを関連付けるという形で詠まれた句ですね。
案外嫌いではありません。
スクランブルエッグと夏に入るの取り合わせも面白いと思います。

こういうのはどうでしょう。
・『卵焼き甘すぎて夏立ちにけり』
・『卵焼き甘すぎて夏来たりけり』
音数の関係でスクランブルエッグではなくなってしまいました。

またよろしくお願いします。

点数: 1

「陽炎や揺れゆく友の遠き背ナ」の批評

回答者 つちや郷里

添削した俳句: 陽炎や揺れゆく友の遠き背ナ

竜子さんこんにちは。
ご友人のご冥福をお祈りします。

御句
「や」で切らずにそのまま繋げていってもいいかと思いました。
・『陽炎へ友の背遠くなり行けり』

またよろしくお願いします。

点数: 2

「蟻の列陸の果てより来たるかも」の批評

回答者 つちや郷里

添削した俳句: 蟻の列陸の果てより来たるかも

博充さんこんにちは。

御句
蟻の列が陸の果てから来たのかもしれないという発想は面白いと思いました。
「かも」は口語なので(間違ってたらすみません)、他の部分も口語に直した方がいいですね。

・『蟻の列陸の果てから来たのかも』

またよろしくお願いします。

点数: 1

つちや郷里さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

ご立派な蜘蛛の巣軽く引きちぎる

回答数 : 8

投稿日時:

交差する飛行機雲や夏の夕

回答数 : 8

投稿日時:

梔子や遺書なく死せし祖父の部屋

回答数 : 7

投稿日時:

夏浅し手帖は駄句で埋まりけり

回答数 : 5

投稿日時:

猫の背にハートの柄や初夏の風

回答数 : 8

投稿日時:

つちや郷里さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

四阿は秋の風抜く交差点

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

お土産は友の自慢のだいこなり

作者名 04422 回答数 : 4

投稿日時:

新松子三つ葉葵の釘隠

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ