俳句添削道場(投句と批評)

葉月庵郁斗さんの添削最新の投稿順の276ページ目

「葱刻み蕎麦の茹だるを眺めをり」の批評

回答者 葉月庵郁斗

添削した俳句: 葱刻み蕎麦の茹だるを眺めをり

ありがとうございます
落雲雀にしたのは
元々雲雀目線で
落ちていく時に
吉野の桜が見えて綺麗だとの
意図で詠みましたが
未熟さゆえ
皆様のご指摘のとおりです。
今後ともよろしくお願いします。

点数: 1

「猫の恋誘導灯の色幽か」の批評

回答者 葉月庵郁斗

添削した俳句: 猫の恋誘導灯の色幽か

コメントありがとうございます
自分の詠みたい事を17音にするのに
四苦八苦する超初心者ですが
よろしくお願いします。

点数: 1

「手に小石持ちてさまよふ葱畑」の批評

回答者 葉月庵郁斗

添削した俳句: 手に小石持ちてさまよふ葱畑

初めてまして
貴重なご指導ありがとうございました
素晴らしい句を拝見して
頑張りたいと思います
よろしくお願いします。

点数: 0

「県道の水子地蔵の灯うららか」の批評

回答者 葉月庵郁斗

添削した俳句: 県道の水子地蔵の灯うららか

はじまして
早速の添削ありがとうございました
諸先輩の句を添削などまだまだ
おこがましいんですか
勉強させて頂きますます
よろしくお願いします。

点数: 1

葉月庵郁斗さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

蜜柑捥ぐ迷い野猿に捕獲網

回答数 : 2

投稿日時:

無月なり穴のあきたるコッペパン

回答数 : 3

投稿日時:

新酒の香鼻毛四五本伸びにけり

回答数 : 11

投稿日時:

遠ざかるテールランプや虫の声

回答数 : 9

投稿日時:

茶柱が立ったからとて日向ぼこ

回答数 : 4

投稿日時:

葉月庵郁斗さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

昼寝覚め空が開けたる病床かな

作者名 中野泰道 回答数 : 3

投稿日時:

秋めいて坂行く杖に風やさし

作者名 大浦美津子 回答数 : 1

投稿日時:

わが想い何処にゆかん天の川

作者名 堅志朗 回答数 : 1

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ