俳句添削道場(投句と批評)

中村あつこさんの添削投稿の古い順に並んでいます

「手を繋ぐ運動会の遠き音」の批評

回答者 中村あつこ

添削した俳句: 手を繋ぐ運動会の遠き音

 先程は俳句についてのご指導ありがとうございました。
何も分からないのに、無謀にも踏み出してしまいました。
字数だけを数えてては駄目ですね。

 いろんな情景は思い出されますが、さてどのようにと?
皆さんの作品を拝見させていただきます。

点数: 0

「靴脱ぎて靴下脱ぎて運動会」の批評

回答者 中村あつこ

添削した俳句: 靴脱ぎて靴下脱ぎて運動会

 先程はご丁寧なご指導をありがとうございました。
さて、どのようにすればいいのかと思案してましたら、
お手本の2句を示して下さり、ほんの少し合点がいきました。
ありがとうございました。精進いたします。

点数: 0

「剥製の鷲も見つむる秋の空」の批評

回答者 中村あつこ

添削した俳句: 剥製の鷲も見つむる秋の空

 こんばんは。情景が見えるようにと、青い靴にしました。
私の言いたいことをわかっていただけて嬉しいです。

点数: 1

「人の上に初めて立った運動会」の批評

回答者 中村あつこ

添削した俳句: 人の上に初めて立った運動会

 青い靴の添削ありがとうございます。
若い夫婦が我が子、我が子と可愛がってるので吾子にしました。
プツプツ途切れ無いように、字数も合うようにと難しいです。

点数: 0

「人の上に初めて立った運動会」の批評

回答者 中村あつこ

添削した俳句: 人の上に初めて立った運動会

 ご指導ありがとうございます。  
投句した後から、言葉の順番が入れ替わった方がいいかな?と思いました。
そうしてたら、添削頂いたものに少し近くなります。
状況説明より、状態、情景を表すんですね。季語を大切にします。

点数: 0

中村あつこさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

紫陽花の空き家守りて三年かな

回答数 : 10

投稿日時:

双子座に眼をこらす人着膨れて

回答数 : 3

投稿日時:

秋時雨再放送の時代劇

回答数 : 4

投稿日時:

リハビリへ一歩の朝や金木犀

回答数 : 4

投稿日時:

蜩やお隣さんは施設へと

回答数 : 6

投稿日時:

中村あつこさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

さわさわと足もと戦ぎ夏野かな

作者名 白井百合子 回答数 : 2

投稿日時:

インカメラで写すクリスマスローズ

作者名 あかり 回答数 : 2

投稿日時:

くたくたの安全ベスト冬の雨

作者名 山田蚯蚓 回答数 : 2

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ