俳句添削道場(投句と批評)

はやさんの添削最新の投稿順の74ページ目

「夏柑やゼロをかければゼロと知る」の批評

回答者 はや

添削した俳句: 夏柑やゼロをかければゼロと知る

添削ありがとうございます!
添削句の語順の入れ替えと「ひと眠り」の表記、こうやって直すといいのか!と納得しました。
俳句は最近興味をもったばかりの初心者です。
伝わらない?説明しすぎ?ありがちでつまらない?など1人でぐるぐる考えていたので、ご意見をいただき嬉しかったです。

「夏柑やゼロをかければゼロと知る」
私は恋の句と思いました。自分の思いはこんなに強いのに、相手が何とも思ってなかったら…。そう考えると告白もできない、切ない片思いの様子が浮かびます。
「夏柑や」にそんな甘酸っぱさやほろ苦さが凝縮されてるような、ステキな句だと思いました。

点数: 1

はやさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

夏ざしき子らの臍みな違ひけり

回答数 : 6

投稿日時:

逆上がり炎天へ飛び込むやうに

回答数 : 5

投稿日時:

夏深し縁石を行くゴム草履

回答数 : 6

投稿日時:

夏休み吾子と俳句を作りたい

回答数 : 7

投稿日時:

七さいのひとは七つね蝉の殻

回答数 : 7

投稿日時:

はやさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

浜をゆく秋めく風を頬に受け

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

日向ぼこ雨の予兆のにほひかな

作者名 土谷海郷 回答数 : 4

投稿日時:

曲の名はとなりのバナナ夏浅し

作者名 鳥田政宗 回答数 : 0

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ