俳句添削道場(投句と批評)

げばげばさんの添削最新の投稿順の5ページ目

「辛きこと好む友あり冬の山」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: 辛きこと好む友あり冬の山

あ!そういえば再訪。
日経の短歌の方、見ましたよ!
校長先生!すてきな歌でした。まとまりがいいってなおじいさんの視線だなあ。
おめでとうございます💫私は一回で日経から離れましたが、俳誌の方で楽しんています!

点数: 1

「辛きこと好む友あり冬の山」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: 辛きこと好む友あり冬の山

こんにちは!
いつも温かいコメントありがとうございます💫

お久しぶりです!ご健吟何よりです。N12月も見ましたよ!
道場も見ていまーす!

点数: 1

「人生は悲しみが先霜夜かな」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: 人生は悲しみが先霜夜かな

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。「は、が、を、に」は散文になりやすい。たしかにそういう考えもありますね。
「を」はあまりそうは感じませんが、「が」「に」「は」の順番でたしかに気になる助詞だと自分も思っています。特に季語に「に」を使うと季語を立てるのが難しくなるなあととよく感じます。(そういう、名句もいっぱいありますのでダメじゃないです。
私は「は」は季語以外のところで結構使います。
廃橋は風の入りぐち麦の秋
書肆街は木乃伊のにほひ寒暮光
ほうたるや肺はさびしいから萎む
ふるさとは堆肥のにほひ青田風
風笛は神のたはむれ山いさみ
母はいま雨滴となりぬ残り菊
包帯は夕日のにほひ八月来
うすらひは音叉のやうに鳴り初めぬ
交番の麦茶は薄し海の駅

最近だけでも結構使ってます。好きなんでしょうね。発見を定義しやすいからかもしれませんね。
ということで、これがダメとかあれがダメとかはないとは思います~。

さて御句。「は」よりも「かな」が気になりました。「かな」の前の名詞に全体がかかっていくように詠むべき、とかいろいろ「かな」は、難しいとされていますが、
「私はこう思いますが、あなたはどうですか、そう思いませんか」という助詞だと夏井先生はよく説明されてますね。

人生はかなしみが先霜の夜

もう一つは上五中七に映像がないので、季語にもう少し映像があるといいなあと思ったりはします。

人生はかなしみが先根深汁
人生はかなしみが先冬薔薇
人生はかなしみが先蒲団干す

点数: 5

「寒空に孤独な鳥は歌うたう」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: 寒空に孤独な鳥は歌うたう

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。好きです!詩をよもうという意識があります。見たままを詠みつつもそこに詩をちりばめるというのは素敵です。

2点気になるのは、
上五の「に」が説明っぽい助詞で、季語が場所舞台装置になりそう。季語が立つにはどんな助詞がいいかなあ。
歌うたう、歌うだけでよさそう。歌がはぶけそう。
やさしくを残しますか?

寒空へ鳥はやさしく歌ひけり
寒空へ孤独な鳥はうたひけり

少し飛躍してみて。

くちばしをこぼるゝ詩よ冬の空
冬天へ唄ふ孤独な鳥とぼく

点数: 3

「夕映えに黄金にはゆる落ち葉かな」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: 夕映えに黄金にはゆる落ち葉かな

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

きれいな風景ですね。だから故に、落葉を詠むと、夕映、黄金というワードが出やすくなります。そこに少し自分なりの何かを足していくとよいかもしれません。

落葉踏む白湯を捨てたる夕ごころ

点数: 1

げばげばさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

二月とは穴のあきたるコッペパン

回答数 : 18

投稿日時:

木菟啼きて嫁に行くなと云ふのです

回答数 : 8

投稿日時:

中古車犇犇スモッグ濃き埠頭

回答数 : 14

投稿日時:

クレーンを運ぶクレーン昼の虫

回答数 : 4

投稿日時:

優勝の号外に葱つつみけり

回答数 : 16

投稿日時:

げばげばさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

狗日の夕ジャンボ機燃えて赤の闇

作者名 秋恵 回答数 : 0

投稿日時:

焙煎香遠き異国も春愁い

作者名 卯筒 回答数 : 1

投稿日時:

川べりに佇つ車椅子日向ぼこ

作者名 げばげば 回答数 : 7

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ