俳句添削道場(投句と批評)

なおじいさんの添削得点の高い順の1225ページ目

「秋寒の空いた電車に寄せる肩」の批評

回答者 なおじい

添削した俳句: 秋寒の空いた電車に寄せる肩

ミラさん、こんにちは。初めまして。
御句拝読しました。コメント欄に「初めてです」とのこと、俳句を作るのが初めてですか?この道場に投句なさるのが初めてですか?
どちらにしても、ここは審査会ではないので、練習の場だと思って、コメント欄には「これこれこういう場面があってこんな風に思ったので俳句にしてみました。」というようなことを書いていただくと、皆さん、「私はこんなふうに思いました」とか、「それならこうしたほうが伝わりますよ」「私ならこんな俳句にします」と色々アドバイスしやすくなります。

御句、季語ですが、秋にお詠みになったのかもしれませんが、もう立冬を過ぎて冬ですから、「冬めく」とか「冬の朝」などにしてみたらいかがでしょう。

・冬めくやガラガラ電車に寄せる肩
・冬の朝空いた電車に肩寄せて

点数: 0

「自転車に白菜二つ括りつけ」の批評

回答者 なおじい

添削した俳句: 自転車に白菜二つ括りつけ

素風さん、こんにちは。
御句拝読しました。面白いですね!一つならまだ手で持って帰れますが、二つとなると自転車が楽ですね。

私は「括りけり」ではいかがかと思いました。

・自転車に白菜二つ括りけり

点数: 0

「北風のエオルスの音我一人」の批評

回答者 なおじい

添削した俳句: 北風のエオルスの音我一人

めでかやさん、こんにちは。
御句拝読しました。「エオルスの音」!なんのこっちゃ?恥ずかしいですが全然知りませんでした。
調べました。ああ、虎落笛みたいなものですね。でも季語ではないんだ。
下五の「我一人」は、孤独感ですね。

ちょっとよくわからないので、

・一人聞くエオルス音や冬の夜

と置かせていただきますが自信がありません。

点数: 0

「物置の白菜漬にふるき石」の批評

回答者 なおじい

添削した俳句: 物置の白菜漬にふるき石

素風さん、こんにちは。
御句拝読しました。美味しそうな白菜漬けが出来そうですね。

ただ、ご自身のコメントにもありますように、俳句が漬物石の句になっています。
先にいるかさんもおっしゃっていますが、少々季語が弱まっているかと。ただでさえ漬物になっていることで弱くなっているのに加えて、作者の気持ちが石の古さに向いているような。
いるかさんのおっしゃる「季語を立てながら石の古さと今年の漬物を新旧対比して詠む」、私もその線でいきました。

・石古し白菜漬はまだ浅し

点数: 0

「白菜の形に見ゆる母の背や」の批評

回答者 なおじい

添削した俳句: 白菜の形に見ゆる母の背や

素風さん、こんにちは。
御句拝読しました。白菜の句がたくさん出来ましたね。
白菜の形、光景が浮かびます。なんだか胸がぐっとくる句です。

御句、下五の最後が「や」で終わりますね。これって絶対ないわけではないと思いますが、一般的に切れの「や」は、上五か中七につきます。下五は切れを入れなくてももはや切れていますから、あまり効果がないと思います。

私の提案ですが、結びは「背中」と置いてみたらいかがですか?字余り?いえ、そして振り仮名をつけるんです。「せな」と。

・白菜の形に見ゆる母の背中(せな)

点数: 0

なおじいさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

黒塀の陰に紫陽花隠れをり

回答数 : 12

投稿日時:

歳時記を一旦閉ぢて更衣

回答数 : 27

投稿日時:

去年から自由服でも更衣

回答数 : 12

投稿日時:

夏めくやひとつの区切り二千段

回答数 : 32

投稿日時:

母の日や少し遅めの車椅子

回答数 : 18

投稿日時:

なおじいさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

上向きの顔ばかりなり睡蓮や

作者名 弥平 回答数 : 4

投稿日時:

うつうつと氷とけゆく夜長かな

作者名 コウ 回答数 : 4

投稿日時:

仲たがい風通しよく氷解

作者名 さざえ 回答数 : 0

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ