俳句添削道場(投句と批評)

小西晴菜さんの添削得点の高い順に並んでいます

「巴旦杏すももをそう呼ぶ祖母ありき」の批評

回答者 小西晴菜

添削した俳句: 巴旦杏すももをそう呼ぶ祖母ありき

お七さん、はじめまして。小西と申します。私も俳句を始めて日が浅く、添削、批評などおこがましいのですが、「巴旦杏」を一目見て、ぜひコメントさせていただこうと思いました。
いきなり失礼ですが、お祖母様は昭和初期のお生まれですか? ·····というのは、私の母は現在88歳ですが、すももを見るたびに(年に一回くらいですけど)「子どもの頃に食べた巴旦杏が食べたい。ソルダムや大石早生の品種も美味しいけど、形も味も巴旦杏とは違う」と言います。
巴旦杏は日本古来の品種のすももで、明治時代半ばまでは多く栽培されていたけど、だんだん廃れて、消滅しかけていたそうです。
でも、明治初期に来日したケルシーというアメリカ人が巴旦杏を気に入って、種苗を持ち帰り、アメリカで栽培していたので、それを逆輸入する形で大正時代に復活したとのこと。だから、母が子どもだった昭和初期にはかなり広く出回っていたようです。
その後、戦争で、再び消滅の危機を迎える
けれど、山梨県の生産者が再度アメリカから輸入して、少ない生産量ながら存続。
現在は、日本古来の品種を守ってくれた人への敬意で、「巴旦杏」の名は使わず、品種名「ケルシー」として栽培されているそうです。
業者さんによっては、「ケルシー」を仕入れて、売る時には「幻のすもも巴旦杏」とする場合もあるようです。

と、俳句がどっか行っちゃいましたが、季語についていろいろ知るのは楽しいし、作句の基盤になると思います。
せっかくなので、拙句を。
  「巴旦杏昭和の記憶たどる母」
  「すもも手に母は少女へ還りをり」

点数: 5

「さようなら犬歯に齧る梨湑む」の批評

回答者 小西晴菜

添削した俳句: さようなら犬歯に齧る梨湑む

げばげば様。いつも丁寧なアドバイスをありがとうございます。拙句「セーラー服の有権者」褒めていただき、とても嬉しいです。
さて御句「梨とさようならが似合う」って、そんな発想、どこから湧いてくるのかな〜、さすがげばげばさん····などと思っていたら、若いころの親友の名言を思い出しました。
彼女は交際していた彼氏からプロポーズを受け、返答を保留して迷っていました。そんな中で彼氏の実家へ行く機会があり、彼氏のお母さんが二十世紀梨を剥いて出されたそうです。
彼女は、歯切れの良いそれをかじった瞬間「よし、断ろう」と決意したというのです。そして、「あの時出てきたのが、熟した柿だったら、まだ迷ってた」と。
「梨シャキリあなたじゃないわさようなら」
「柿ねっとり答えあぐねるプロポーズ」
ちなみに彼女はその後に別の人と出会って幸せに暮らしています。

点数: 4

月に吠ゆゴジラと見しが太陽の塔

回答者 小西晴菜

添削した俳句: 無月かな光る怪獣夜の塔

お七さま。拙句に丁寧なコメントをくださり、ありがとうございます。
「巴旦杏」の名を、母の口以外から聞いたことがなかったので、驚きと嬉しさで俳句から脱線してしまい、失礼いたしました。
さて、掲句、添削でも提案でもありません。御句を拝読して、あれこれ想像していると、ここへたどり着いてしまいました。
下五「夜の塔」だと、イサク様もご指摘のように、太陽の塔とは思えないなあ、ライトアップされた通天閣とか東京タワーとか。と、考えたら、東京タワーを破壊するゴジラが浮かんできて消えません。
そして、太陽の塔が怪獣に見えたのは、日本全国の他の塔と違って、顔と腕(?)があるからですよね。とすれば「太陽の塔」限定。
次に思い出したのが、なおじい様の「瑠璃立羽」の比喩の句。この句を、負乗さまがコメントで「枯れ葉と見しが瑠璃立羽」とされていたので、「見しが」を拝借して「ゴジラに見えたが太陽の塔だった」としました。
私のオリジナリティは無し、発想から何から、まさに「人のふんどしで相撲」状態の句です。
さらに、東京のゴジラはタワーと戦っているけど、大阪のゴジラは手持ち無沙汰なので、お七さまが隠していた月も出してしまい、遂に萩原朔太郎のふんどしまで借りてしまいました。
ちょっと調子に乗りすぎました。改ざんにもほどがありますよね。申し訳ありません。
これに懲りず、今後ともよろしくお願いします。

点数: 3

「玉入れの友に命中知らぬふり」の批評

回答者 小西晴菜

添削した俳句: 玉入れの友に命中知らぬふり

お七さま。
拙句「女郎花」にコメント下さり、ありがとうございます。
さて、三段切れについて、疑問をあげておられたので少しだけ。
結論から言えば、御句を「玉入れや」としたら、三段切れになります。なぜかというと、中七、下五がそれぞれ独立していて、すでに切れているからです。
これを解消するには、
  「玉入れや友に当たれど知らぬふり」
  「玉入れや友に当てても知らぬふり」
と、中七、下五をつないだ表現に変えればOKですよ。

点数: 3

「お詫びと謝罪」の批評

回答者 小西晴菜

添削した俳句: お詫びと謝罪

昨夜、サッカーW杯予選をテレビ観戦しておりました。日本が1点リードのところ、見事なシュートを決められて同点。その後、日本選手のシュート失敗後のボールが、オーストラリア選手の手に当たってオウンゴールとなり、日本勝利となりました。
「あ〜、卯筒さんのささら荻だ〜!」と思わず声が出ました。

卯筒さまの次回の投句、お待ちしております。

点数: 3

小西晴菜さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

雛祭り囃子の笛をまた探し

回答数 : 6

投稿日時:

煎餅で羽毛に負けぬ夢を見る

回答数 : 5

投稿日時:

立春や昨日の豆へむら雀

回答数 : 6

投稿日時:

寒雀はたちの帯や結びたる

回答数 : 3

投稿日時:

明日ユニバ母に内緒の風邪心地

回答数 : 6

投稿日時:

小西晴菜さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

木の芽時看護師さんの防護服

作者名 かこ 回答数 : 11

投稿日時:

秋の宵黄金輝く古都京都

作者名 石田 智和 回答数 : 3

投稿日時:

朝まだき炭熾す背に赤子泣く

作者名 かぬまっこ 回答数 : 4

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ