俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

さようなら犬歯に齧る梨湑む

作者 げばげば  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

梨が霧になっちゃいました。
梨の質感って剥くにしても齧るにしてもなんだか抉るような感じで、さようなら、と合うような気がしていますが、いかがでしょうか。梨の方を説明しすぎかなあ。もう片方さようならだけ。

さよならは突然来たり梨を剥く
もありつつ、齧る方を選択。

みなさんご意見をよろしくお願いします。

最新の添削

「さようなら犬歯に齧る梨湑む」の批評

回答者 イサク

こんばんは。

「さようなら」との取り合わせは、「梨」以外の部分の描写が非常に重要なので、この句だけでの評価は避けます。挑戦することには価値があると思います。

後半の「齧る」「湑む」の動詞の部分が非常に鬱陶しくないでしょうか?
自分が齧って梨が湑むわけですが・・・「梨湑む」をどうしても使うのであれば、「齧る」は避けたいですね・・・
提案句では「湑む」が旨く使いこなせませんでした。

・さようなら梨さっくりと切り分けて

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「さようなら犬歯に齧る梨湑む」の批評

回答者 小西晴菜

句の評価:
★★★★★

げばげば様。いつも丁寧なアドバイスをありがとうございます。拙句「セーラー服の有権者」褒めていただき、とても嬉しいです。
さて御句「梨とさようならが似合う」って、そんな発想、どこから湧いてくるのかな〜、さすがげばげばさん····などと思っていたら、若いころの親友の名言を思い出しました。
彼女は交際していた彼氏からプロポーズを受け、返答を保留して迷っていました。そんな中で彼氏の実家へ行く機会があり、彼氏のお母さんが二十世紀梨を剥いて出されたそうです。
彼女は、歯切れの良いそれをかじった瞬間「よし、断ろう」と決意したというのです。そして、「あの時出てきたのが、熟した柿だったら、まだ迷ってた」と。
「梨シャキリあなたじゃないわさようなら」
「柿ねっとり答えあぐねるプロポーズ」
ちなみに彼女はその後に別の人と出会って幸せに暮らしています。

点数: 4

添削のお礼として、小西晴菜さんの俳句の感想を書いてください >>

「さようなら犬歯に齧る梨湑む」の批評

回答者 長谷機械児

句の評価:
★★★★★

げばげばさん、こんにちは。

御句について…。

「湑む」とは知らない漢字だったので検索から始めました。

 読み:したむ
 意味:(1)(容器に入った)液体をしたたらす、(2)酒を飲み尽くす

意味を知っても、この句の中でどう読むものなのかよくわからないままでした。

「さようなら」「犬歯」「梨」いろいろな言葉を登場させているので、これらにしっかり繋がる動詞が良いように思うのですが…。ありきたりなところですが「染む(る)」とか。

今後ともよろしくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、長谷機械児さんの俳句の感想を書いてください >>

「さようなら犬歯に齧る梨湑む」の批評

回答者 中村あつこ

句の評価:
★★★★★

 こんにちは。
いつもありがとうございます。
拙句「石蕗の花」は説明にならないようにと、あれこれ考えました。
花はその時節にはちゃんと咲きますから、それぞれに一句詠めるように頑張ります。

点数: 2

添削のお礼として、中村あつこさんの俳句の感想を書いてください >>

「さようなら犬歯に齧る梨湑む」の批評

回答者 若草あやめ

句の評価:
★★★★★

げばげば様
いつも温かいコメントをありがとうございます。
歳時記や他の方の句、もっとたくさん勉強しますね(^^)

光景が切り取れるようになったら、表現をもっと吟味するんだよ、と明確な筋道をたててくださり、とてもうれしいです。

御句、犬歯が折れちゃったのかなと思いました(^^;
まだまだ句意を読むのも修行が必要です。
またよろしくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、若草あやめさんの俳句の感想を書いてください >>

サヨナラは言えず犬歯に湑む梨

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

これは気にされているようですが、やはり上五「さようなら」の置き方がかなり雑かなと思います。結果として、「犬歯に齧る梨湑む」まで詠んでも、どんな別れを描いた句なのかが見えて来ません。永遠の別れなのか、数年の別れなのか。
句の中で明記する必要は全く無いのですが、読者が考察出来る余地はもう少し欲しいです。

「齧る」という動詞も本当に必要なのか、まだ推敲出来ると思います。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

「さようなら犬歯に齧る梨湑む」の批評

回答者 かぬまっこ

句の評価:
★★★★★

こんにちは(*^^*)

蟷螂や挙式の父のモーニング

添削ありがとうございます。

「長き着丈」が説明だったのかもしれません。また、安易な音数合わせでした。
げばげば様の俳号は何というのでしょうか。差し支えなければ教えていただけると嬉しいです。

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

さよならと言われ犬歯で梨を噛む

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

拙句・・解釈通りです。やで切りましたので、主役は筒鳥です。兼題にはそぐわないですね。
御句・・コメントにある句は、いい意味で普通の句です。御句は私には分かりにくかったです。突然別れを告げられ、噛んでいた梨を歯に置いたままということでしょうか。
犬歯が句の解釈を難しくしているように思いました。掲句は句意が異なると思いますが、分かりやすくしたものです。

点数: 1

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

「さようなら犬歯に齧る梨湑む」の批評

回答者 大江深夜

句の評価:
★★★★★

どうもこんにちは。
自解を読むまでは「さよなら」の意味が全くわからずただ唐突な感じがしておりました。
「さようなら」「梨」の取り合わせに説得力がもう少しあればという読後感です。

点数: 1

添削のお礼として、大江深夜さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夏の午後段階増える黒き雲

作者名 孫春艶 回答数 : 2

投稿日時:

羽田沖離陸の窓に渡り鳥

作者名 ノブコフ 回答数 : 1

投稿日時:

返礼のかご中身は梨と苦笑い

作者名 菊花 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『さようなら犬歯に齧る梨湑む』 作者: げばげば
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ